【地震前兆】鹿児島県種子島の砂浜に体長17mの大型のクジラが打ち上げらる!クジラと地震については科学的な根拠は無しとの事だが、念のため巨大地震に要注意!

2019年7月9日火曜日

地震前兆

t f B! P L
7月6日には鹿児島県種子島の砂浜に体長17mの大型のクジラが打ち上げられているのが見つかりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~    

鹿児島県種子島の砂浜にクジラが打ち上げられる!

 7月6日午後2時半頃に鹿児島県中種子町坂井の大浦川の河口付近の砂浜に大型のクジラが打ち上げられているのが見つかりました。鹿児島県などが確認したところ、すでに死んでいたとの事です!

体長17mのマッコウクジラのオスか!

今回見つかった大型のクジラは体長が17mもあるとの事で、写真を確認した水族館によりますと、マッコウクジラのオスとみられるということです。
f:id:sho11070714:20190709225558p:plain
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

プレートが動く高周波で方向感覚を見失ったか?

今回の漂着物はクジラだと見られていますが、海底でプレートが動いた際に高周波が発生し、クジラが方向感覚が狂った可能性があります。そう考えると、何か起きている可能性もありますね!!

クジラと地震については科学的な根拠は無し!

今回17m超えのクジラが漂着したことを受けて、一部では「地震が起きる前兆ではないか」などといった投稿が相次いでいるようです。ただ、東海大特任准教授の織原義明氏らのチームによりますと、クジラと地震の関係については「前兆を捉えていないとまでは言い切れないが、集団座礁を防災に役立てるのは難しい」と指摘しています。
mainichi.jp
まあ、地震雲や地鳴りなんかと同じで、科学的には証明されていませんが、絶対前兆ではないとは言い切れないというところでしょうか?
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

『環太平洋対角線』の法則が発動で日本で巨大地震が!?

『環太平洋対角線の法則』とは、南半球で地震が起こると、その対角線上で半年以内に地震が起こるという法則になります。
【環太平洋対角線の法則】数か月以内に『南海トラフ巨大地震』が発生?ペルーでM8.0の地震で『環太平洋対角線の法則』が発動か!2019年中に巨大地震が近いという予言も!!

過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生しており、ここ数カ月は要注意ですね!!

史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏の最新予言では日本ではM7.0の地震・台風・熱波が襲う!?

 史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏によりますと、最新の予言で7月に日本ではM7.0の地震が襲い、多くの犠牲を出すとしています。この他にも台風・熱波についても言及しています!! 
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

Love Me Do氏が7月2~4日・7月7~13日・7月20~22日に巨大地震・噴火などを予言!

当たると評判の占い師Love Me Do氏によりますと、7月2~4日・7月7~13日・7月20~22日に巨大地震・噴火などに要警戒としています! 

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

7月6日には鹿児島県種子島の砂浜に体長17mの大型のクジラが打ち上げられているのが見つかりました。このクジラは体長17mのマッコウクジラのオスと見られていますが、方向感覚を失って打上げられたのでしょうか?ネットでは地震の前兆という話もあるみたいですが、専門家は科学的根拠はないとしています。これに関しては何とも言えませんが、備えだけはしておいても良いかもしれませんね!!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟







人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ