【地震前兆】3週間前にカリフォルニア沖で体長2.4mの『リュウグウノツカイ』が発見されていた!7月5日にM6.4・6日にM7.1と巨大地震が発生!日本でも『ダイオウイカ』・『リュウグウノツカイ』が発見されているだけに、『南海トラフ地震』などの巨大地震に要警戒!

2019年7月6日土曜日

ダイオウイカ リュウグウノツカイ 前兆現象 地震予知

t f B! P L
7月5日にM6.4・6日にM7.1と2日連続で規模の大きな地震が発生したカルフォルニアですが、その三週間前には『リュウグウノツカイ』が捕獲されていたようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  
  

7月5日02時33分頃に米・カリフォルニア州中部を震源とするM6.4の地震が発生!!

USGSによりますと、7月5日02時33分頃に米・カルフォルニア州中部を震源とする規模の大きな地震が発生しました。地震の規模はM6.4で震源の深さは約10㎞と推定されています。 

7月6日12時19分頃に米・カリフォルニア州南部を震源とするM7.1の地震が発生!!

USGSによりますと、7月6日12時19分頃に米・カルフォルニア州南部を震源とする規模の大きな地震が発生しました。地震の規模はM7.1と2日連続でM6以上の地震が発生しています! 
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

6月14日にはバハカルフォルニア半島で生きた『リュウグウノツカイ』を発見!

2日連続でM6クラス以上の地震を観測したカルフォルニアですが、その3週間前にはバハカルフォルニア半島で生きた『リュウグウノツカイ』を発見されていたようです。
発見された『リュウグウノツカイ』がこちら☟
f:id:sho11070714:20190707071019p:plain
引用:リュウグウノツカイ M6.4地震の3週間前 カリフォルニア沖に出現 | ハザードラボ
この『リュウグウノツカイ』は体長2.4mとのことで、幼魚のようですね。(最大では10mを超える個体もある)

欧米では『リュウグウノツカイ』は『海の大蛇』・『シーモンスター』と呼ばれている!

日本でも古くから『地震魚』と言われ恐れられてきた『リュウグウノツカイ』ですが、欧米では船乗りの間で古くから『海の大蛇』とか『シー・モンスター』と呼ばれています。
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

科学的には深海魚が地震の前兆は迷信!

古くから地震の前兆とされる深海魚ですが、2019年6月26日に発表された最新の研究では東海大学と静岡県立大学の研究チームが、深海魚が地震の前兆とする言い伝えは、統計的にみて迷信だと断定しています。
【地震前兆】『リュウグウノツカイ』・『サケガシラ』などの深海魚が地震の前兆という言い伝えは迷信!東海大学と静岡県立大学の研究チームが発表!じゃ、今日からはオカルト認定ってことでよろしく~

日本では6月28日に島根県沖でダイオウイカが漂着・7月4日には『リュウグウノツカイ』も!

6月28日に島根県隠岐の島町北東部の浄土ケ浦海岸に、ダイオウイカが漂着しているのが見つかりました。ダイオウイカは死後1日程度経った状態だったとの事です!
【地震前兆】6月28日に島根県沖の島町北東部の浄土ヶ浦海岸に約3m・約100㎏の『ダイオウイカ』が漂着!『ダイオウイカ』の漂着は地震の前兆という説もあり、2016年・2019年には見つかった翌日に地震が発生!念のため巨大地震に要警戒!

7月4日には、松江市島根町沖の日本海で定置網に『リュウグウノツカイ』がかかっているのが見つかりました。全長3.2m・幅25㎝の大物で、地元の漁師は「年に数回網にかかることはあるが、大きいのは初めて」と興奮気味に話しています! 
【地震前兆】島根県沖で6月28日に『ダイオウイカ』漂着・7月4日に『リュウグウノツカイ』が見つかったが、7月6日14時37分頃に鳥取県中部を震源とするM2.4の地震が発生!科学的には迷信という扱いだが、どちらも地震の前兆という説もあるだけに要警戒!

7月5日には鳥取県中部でM2.4の地震があっただけに気になりますね!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

『ダイオウイカ』・『リュウグウノツカイ』には地震の前兆と言う説も!!

今回相次いで『ダイオウイカ』・『リュウグウノツカイ』が見つかっていますが、どちらも地震の前兆では?という説があります。『ダイオウイカ』は2016年・2019年に見つかった翌日に地震が発生していますし、『リュウグウノツカイ』は古くから地震の前兆として知られており、特に中国や台湾などでは『地震魚』・『地震を呼ぶ魚』と呼ばれ、恐れられています。

ただ東日本大震災・阪神淡路大震災・福岡県沖地震などの大地震の前に『リュウグウノツカイ』・『サケガシラ』は見つかっている!!

科学的には否定された地震と『リュウグウノツカイ』・『サケガシラ』の関係ですが、実際に東日本大震災・阪神淡路大震災・福岡県沖地震の前にもこうした現象が起こったと言われており、これは偶然なのでしょうか?
ho-hojp.com
スポンサーリンク



スポンサーリンク

『環太平洋対角線』の法則が発動で日本で巨大地震が!?

『環太平洋対角線の法則』とは、南半球で地震が起こると、その対角線上で半年以内に地震が起こるという法則になります。
【環太平洋対角線の法則】数か月以内に『南海トラフ巨大地震』が発生?ペルーでM8.0の地震で『環太平洋対角線の法則』が発動か!2019年中に巨大地震が近いという予言も!!

過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生しており、ここ数カ月は要注意ですね!!

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク 

まとめ

7月5日にM6.4・6日にM7.1と2日連続で規模の大きな地震が発生したカルフォルニアですが、その三週間前には『リュウグウノツカイ』が捕獲されていたようです。最新の研究では地震と深海魚の相関関係はないとされていますが、日本でも6月末に島根県沖の島町北東部の浄土ヶ浦海岸に3mの『ダイオウイカ』が漂着した記事を書きましたが、松江沖では『リュウグウノツカイ』が定置網にかかっただけに、要注意ですね!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟







おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟







人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ