【地震調査委員会】地震調査委員会は南海トラフ地震の津波確率を公表!30年以内に津波高3m以上は26%超に!2020年南海トラフ地震発生説もあるので要警戒!

2020年1月24日金曜日

地震 南海トラフ巨大地震

t f B! P L
地震調査委員会は近い将来に発生が懸念されている『南海トラフ巨大地震』に伴う津波の発生確率について初めて公表しました。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~


地震調査委員会が『南海トラフ地震』に伴う津波の発生確率を初めて公表!

国の地震調査委員会が近い将来に発生が懸念されている『南海トラフ巨大地震』に伴う津波の発生確率について初めて公表しました。
www.jishin.go.jp

東北から九州の沿岸352市町村のおよそ5分の1にあたる71市町村に3m以上の津波が襲来する確率は30年以内に26%以上!

早速発表された内容を見てみましょう!南海トラフで数百年おきに繰り返しているM8~9クラスの地震が発生した場合、東北から九州の沿岸352市区町村のおよそ5分の1にあたる71市区町村で、3m以上の津波が襲う確率は、30年以内に26%以上となっています!

引用:確率論的津波評価結果
スポンサーリンク



スポンサーリンク

津波高が5m以上になる確率は九州地方から東海地方にかけての太平洋側で広い範囲で6%以上・震源域となり得る領域に近い地域では26%以上!

同様に津波高が5m以上になる確率はというと、、、九州地方から東海地方にかけての太平洋側を中心に広い範囲で6%以上・震源域となり得る領域に近い地域では26%以上となっています!

引用:確率論的津波評価結果

津波高が10m以上になる確率は6%以上26%未満!

同様に津波高が10m以上になる確率はというと、、、震源域となり得る領域に近い地域では6%以上26%未満となっている地域があります!

引用:確率論的津波評価結果
スポンサーリンク



スポンサーリンク

南海トラフ地震の発生確率は今後30年以内に70%~80%!

地震本部は、2018年2月に南海トラフ巨大地震が今後30年以内に発生する確率が『70~80%』に引き上げています☟
【悲報】史上初『南海トラフ』と『根室沖』が30年以内に発生する確率が80%を示す!!日本オワタwww

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

公式見解では30年以内に70%~80%との事ですが、立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、2019年5月10日の日向灘の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

12月29日には東京など関東地方で『環水平アーク』が出現!!

12月29日には東京など関東地方を中心に『環水平アーク』の目撃情報が挙がっています☟
【レア現象】12月29日には東京など関東地方を中心に『環水平アーク』が出現!中には『ハロ現象』とのコラボの目撃情報が!ただ、『環水平アーク』は巨大地震の前兆という説も!2020年巨大地震発生説のある『首都直下型地震』・『南海トラフ地震』にも要注意!

環水平アークは巨大地震の前兆という説もあるだけに要注意ですね!!

Love Me Do氏が1月1日~5日、8~20日、22~26日に地震・災害などの可能性に言及!特に4・5、9~16、19・20日が要注意!

当たると評判のLove Me Do氏がLove Me Do氏が1月1日~5日、8~20日、22~26日に地震・災害などの可能性に言及しています!特に4・5、9~16、19・20日が要注意となっていますね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が1月に日本で強い地震・大雪・吹雪・激しい嵐について言及!

史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が1月に日本で強い地震・大雪・吹雪・激しい嵐について言及しています☟

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

地震調査委員会は近い将来に発生が懸念されている『南海トラフ巨大地震』に伴う津波の発生確率について初めて公表しました。それによりますと、南海トラフで数百年おきに繰り返しているM8~9クラスの地震が発生した場合、東北から九州の沿岸352市区町村のおよそ5分の1にあたる71市区町村で、3m以上の津波が襲う確率は、30年以内に26%以上となっています!公式見解では30年以内に70%~80%とされていますが、2020年に発生すると言っている研究者もいるので、今から準備しておきましょう!!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのウイルス対策はこちら☟







人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ