【地震前兆】東京湾では2019年に続き『マダコ』が大発生!『東日本大地震災』の前には岩手県久慈市で『マダコ』が異常に取れていた!2月以降では『リュウグウノツカイ』も漂着!2020年発生説のある南海トラフ地震・首都直下型地震など巨大地震に要警戒!

2020年2月22日土曜日

前兆現象 地震 地震予知 南海トラフ巨大地震

t f B! P L
2月に入ってから各地で『リュウグウノツカイ』が漂着したと話題になりましたが、東京湾では『マダコ』は大発生しているようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

東京湾では2019年に続き『マダコ』が大発生!

東京湾では2019年に続いて『マダコ』が大発生しているようです!
県水産技術センター(三浦市)栽培推進部長の中村良成さんによりますと、横須賀・観音崎以北の内湾域で2019年春ごろから稚ダコが多く発生しているとの報告が漁業者から寄せられているとの事です!

2018年に大雨が降らなかった&黒潮の大蛇行が原因!?

今回の東京湾での『マダコ』の大発生ですが、専門家によりますと、2018年は大雨が降らなかった&黒潮の大蛇行による海水温の変化など、さまざまな条件がそろったのだろうと推測しているようですね!ただ、明確な原因はつかめていないとの事です!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

『マダコ』の大発生は大地震の前兆!?

2年連続で『マダコ』が大発生している東京湾ですが、『マダコ』の大発生は、大地震の前兆では?という説があります☟

『東日本大震災』の前には岩手県久慈市で『マダコ』が異常に取れた!!

さらに詳しく見てみると、、、
2011年に発生した『東日本大震災』の前には、岩手県久慈市で『マダコ』が異常に取れたとの記載があるようですね!これ以外にも約60年前にも大量となった事があったようですが、その前後では1958年11月7日の択捉島沖地震(M8.1)、1960年3月21日の三陸沖地震(M7.2)などがあります!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

20019年には隅田川で約3,000匹のコノシロやコイが大量死!過去には『関東大震災』の2週間前にも同様の現象が!

2019年7月8日に東京都は、隅田川の水神大橋と永代橋の区間を中心に、コノシロやコイなど約3,000匹の大量死を確認したと発しました。過去には関東大震災の2週間前に隅田川で魚の大量死があったとされており、『首都直下地震』 など要注意ですね!
【地震前兆】隅田川で約3,000匹のコノシロやコイが大量死!過去には『関東大震災』の2週間前にも同様の現象が!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要注意!

2019年には静岡県の海岸では4日連続でクジラが打ち上げ!巨大地震の前兆なの?

2019年には静岡県の海岸では、9月17日~20日にかけて4日連続でクジラが打ち上げられています☟
【地震前兆】静岡県の海岸(久能・南伊豆町逢ヶ浜・清水港・清水区美保)に4日連続でクジラが打ち上げられる!クジラと地震については科学的な根拠は無しとの事だが、念のため『南海トラフ地震』などの巨大地震に要注意!

この他にも東京湾でもクジラの死骸が☟
【地震前兆】東京湾に異変!?クジラと見られる死骸が羽田空港の東約3,300mの海上に漂流!5月には鎌倉市・横須賀市とクジラの打ち上げが相次ぐ!相模トラフ・南海トラフなどが心配!!

鎌倉市・横須賀市でもクジラの打ち上げがありました☟ 
【地震前兆】相模湾に異変!?5月21日の鎌倉市の材木座海岸(体長7.7m)に続き、22日には横須賀市の北下浦海岸でも体長5.7mの『ザトウクジラ』が漂着!クジラと地震については科学的な根拠は無いとのことだが、『相模トラフ』・『南海トラフ』の巨大地震が心配!!

クジラと地震は関係ないという専門家もいますが、相模トラフ・南海トラフあたりも要注意ですね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

関東で大地震と言えば『南海トラフ巨大地震』・『首都直下地震』を連想!!

関東で大地震と言われると、まず想像してしまうのは、『南海トラフ巨大地震』ですよね。
政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟ 
【悲報】史上初『南海トラフ』と『根室沖』が30年以内に発生する確率が80%を示す!!日本オワタwww

後は首都直下地震でしょうか?
政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟
【海外地震情報】本日(10/31)南太平洋でM7.0の地震発生!またもや『リング・オブ・ファイア』上。日本は大丈夫か?

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、2019年5月10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています。 
【悲報】京都大学の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!現代の地震は平安時代の地震と見事にリンク!『南海トラフ地震』は2030年代に!?国難はすぐそこまで迫っている!!

2月19日~20日にかけて『環水平アーク』の目撃情報が!

2月19~20日にかけて『環水平アーク』の目撃情報が挙がっています。一部ではハロ現象も見られていますね!ハロ現象自体はそこまで珍しい現象ではありませんが、環水平アークはレアですね!ただ、環水平アークは巨大地震の前兆現象という説もあるため、要注意ですね!
【レア現象】2月19~20日にかけて『環水平アーク』・『ハロ現象』の目撃情報が続出!ただ、『環水平アーク』は巨大地震の前兆という説も!2020年巨大地震発生説のある『首都直下型地震』・『南海トラフ地震』にも要注意!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

2月に入ってから新潟県・福井県・兵庫県など各地で『リュウグウノツカイ』が漂着!

2月に入ってから、新潟県・福井県・兵庫県など各地で『リュウグウノツカイ』が漂着しています!一応科学的には迷信扱いですが、『リュウグウノツカイ』は地震の前兆という説もあるので、要注意ですね!
【地震前兆】兵庫県豊岡市竹野町では体長3.92mの『リュウグウノツカイ』が漂着!科学的には迷信という扱いだが、深海魚の漂着は地震の前兆という説も!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要警戒!

【地震前兆】新潟県西区の小針浜では体長4.37m・体重34.86㎏の『リュウグウノツカイ』が漂着!科学的には迷信という扱いだが、深海魚の漂着は地震の前兆という説も!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要警戒!

2月21日夕方~2月22日にも日本各地で『地震雲』の投稿が!

2月21日夕方~2月22日にかけて日本各地で『地震雲』の投稿が挙がっています☟
http://tenkinoarekore.com/entry/2020/02/22/073052
スポンサーリンク



スポンサーリンク

Love Me Do氏が2月6日~10日、15~29日に地震・災害などの可能性に言及!特に18~28日!その中でも20・21・22・23日が要注意日!

当たると評判のLove Me Do氏がLove Me Do氏が2月6日~10日、15~29日に地震・災害などの可能性に言及しています!特に18~28日が要警戒期間で、その中でも20・21・22・23日が要注意日としています!
http://tenkinoarekore.com/entry/2020/02/01/094102

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

東京湾では『マダコ』は2年連続で大発生しています。『マダコ』の大発生した前後の年では、過去に『東日本大震災』などの巨大地震が発生したケースもあるようですね!関東地方では、『南海トラフ巨大地震』・『首都直下型地震』が近いと言われているだけに、いつ来ても良いようにしっかりと備えをしておきましょう!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟

寒さ対策はこちら☟

人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ