【予言】2020年5月11日に日本列島を真っ二つにする巨大地震が発生!?東海・近畿・四国の消滅の謎に迫る!5月6日は魔の水曜日(祝日&水曜日)!2020年発生説のある南海トラフ地震・首都直下型地震などの巨大地震にも要警戒!

2020年5月3日日曜日

首都直下地震 前兆現象 地震予知 南海トラフ巨大地震 予言

t f B! P L
昨年ネット上で2019年5月11日に巨大地震が来るとまことしやかに囁かれていましたが、もちろん起きませんでした。ただ、再び5月11日巨大地震説が話題になっているようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

2019年5月11日に巨大地震が来ると話題に!!

ネットでは2019年5月11日に巨大地震が来るのでは?という説が話題になりました☟
【予言】2019年5月11日に日本列島を真っ二つにする巨大地震が発生!?南海トラフ巨大地震なの!?東海・近畿・四国の消滅の謎に迫る!ジュセリーノ・聖徳太子・ノストラダムスなど巨大地震・津波の予言も続々!

みなさんもご承知の通り巨大地震は来なかったのですが、2020年5月11日に来るのでは?と再び話題になっているようです!!

噂の元ネタは毎度おなじみトカナさん!!

2020年5月11日に巨大地震が来るかもという説がこちら☟
tocana.jp
毎度おなじみのトカナさんですね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

『エコノミスト』の表紙に東日本大震災を表す『3.11』と謎の『5.11』の記載が!!

今回再び注目されている『エコノミスト』は、2014年末に発売された『2015 世界はこうなる』の表紙です。
表紙の右下の少女の左側に日本の矢があり、そこに『11.5』・『11.3』という2つの数字が書いてあります。雑誌が発行されたイギリスでは右から読むので、『5.11』・『3.11』となります。ちなみに『3.11』は東日本大震災のこと。そして『5.11』が今回噂されている巨大地震を示唆しているのでは?という事のようですね!!

『エコノミスト』の世界地図には東海地方から近畿・四国がない!!日本列島が真っ二つに!?

そしてもう1つ注目したいのが、左下の飛行機を持った男性の横に書かれている世界地図です☟
これを見ていただければ分かるかと思いますが、まず日本列島が真っ二つになっています。また東海地方から四国地方と近畿地方が描かれていません。これは巨大地震が来ることを予言しているのでしょうか? 
スポンサーリンク



スポンサーリンク

日本で巨大地震だと南海トラフ巨大地震・首都直下地震・千島海溝沿いの超巨大地震か!?

日本であり得そうな巨大地震には何があるのでしょうか?政府の地震本部が発表している確率で高そうなところだと、、、首都直下地震・南海トラフ巨大地震・千島海溝沿いの超巨大地震辺りでしょうか?
まずは首都直下地震を見てみましょう!
政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟
【海外地震情報】本日(10/31)南太平洋でM7.0の地震発生!またもや『リング・オブ・ファイア』上。日本は大丈夫か?

続いて南海トラフ巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟ 
【悲報】史上初『南海トラフ』と『根室沖』が30年以内に発生する確率が80%を示す!!日本オワタwww

最後に千島海溝沿いの超巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震調査研究推進本部は、2017年12月19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられています。 
【悲報】北海道を東日本大震災に匹敵するM8.8以上の超巨大地震の発生が切迫している可能性が高い!地震本部が驚愕の発表!!

これはどれが来てもおかしくないです!!

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、5月10日の日向灘の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています。
【悲報】京都大学の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!現代の地震は平安時代の地震と見事にリンク!『南海トラフ地震』は2030年代に!?国難はすぐそこまで迫っている!!

関東でM8?首都直下地震・南海トラフ地震!?

地震予知で定評のある『キャンディ』さんは、関東でM8の地震?と投稿しています☟
【地震予知】関東でM8?首都直下地震・南海トラフ地震!?千葉茨城でM5の可能性も!20日05時39分頃には宮城県沖でM6.1の地震が発生!さっきのが前震で今後同規模の本震が来る可能性も!

関東でM8だと首都直下地震・南海トラフ地震などの可能性もありますね!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

5月7日は『フラワームーン』が見られる日!巨大地震のトリガーに!?

5月7日は『フラワームーン』が見られる見通しです。見ると願い事が叶うとされる『フラワームーン』ですが、満月と地震の関係は専門家も指摘しており、満月前後数日は警戒が必要ですね!
【フラワームーン】2020年5月7日は『フラワームーン』が見られる!『フラワームーン』を見ると願い事が叶う!ただ、満月と地震の関係は専門家も指摘!『南海トラフ地震』などの巨大地震のトリガーになる!?

祝日&水曜日に巨大地震が来る!?2020年だと1月1日・4月29日・5月6日が候補日!

5月11日説以外にも水曜日&祝日に巨大地震が来るかも!?という説があります!2020年では、
2020年1月1日(水)
2020年4月29日(水)
2020年5月6日(水)
の3日が候補になります。
【予言】魔の水曜日&祝日になる2020年4月29日or5月6日に巨大地震が来る!?首都直下地震・南海トラフ地震・富士山噴火が一緒に来たら日本滅亡!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

Love Me Do氏が5月4日~7日頃・5月8日~16日頃・5月15日~28日頃に地震・噴火を予言!!

当たると評判の占い師Love Me Do氏によりますと、5月4日~7日頃・5月8日~16日頃・5月15日~28日頃に地震・噴火を予言しています☟
【地震予知】当たると評判の占い師『Love Me Do』氏が5月1・2日、10日~15日、17~19日、22日、24~27日、29~6月3日は地震・災害などの自然災害の可能性に言及!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』などの巨大地震に備えよ!

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ 

本日はネットでまことしやかに囁かれている2020年5月11日に巨大地震説を取り上げました。最近は長野県中部で群発地震も発生していますし、念の為警戒はしておきましょう!!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

寒さ対策はこちら☟      
 

人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ