【予言】史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が6月に日本で強い地震・強い台風・新型コロナについて予言!強い地震だと『南海トラフ地震』・『首都直下型地震』・『千島海溝沿い超巨大地震』辺り!?

2020年5月30日土曜日

ジュセリーノ 地震予知 南海トラフ巨大地震 予言

t f B! P L
2018年6月21日に日本の東海でM10.6の地震が発生すると予言して大外ししたジュセリーノ氏ですが、新たに6月の予言を公式サイトにアップしたようです。かつてはダイアナ妃の暗殺や9.11テロなどを的中させた史上最高の預言者といわれるジュセリーノ氏の予言と言うから、これは見逃せません。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~


史上最高の預言者といわれるジュセリーノ氏とは?

ジュセリーノ氏とはどんな人物なのでしょうか?フルネームは、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースと言い、1960年3月に産まれの58歳の男性です。ブラジルの英会話教室の教師をしており、史上最高の預言者と名高い預言者の1人です!!
f:id:sho11070714:20190303134031j:plain
なかなかダンディーなおじさまですね!!

ジュセリーノ氏が過去に当てたとされる予言!!

ジュセリーノ氏が過去に当てたとされている予言がこちらになります↓
・スペースシャトル『チャレンジャー号』の爆発事故(1986年1月28日)
⇒1972年に予言!
・チェルノブイリ原子力発電所事故(1986年4月26日)
⇒1980年ウクライナ・ソビエト社会主義共和国指導者宛
・昭和天皇の崩御(1988年)
⇒1979年3月15日付 東京の皇居宛
・アイルトン・セナの事故死(1994年)
⇒1989年8月17日付セナ宛他
・阪神・淡路大震災(1995年1月17日)
⇒1979年3月15日付 東京の皇居宛
・地下鉄サリン事件(1995年3月15日)
⇒1989年8月11日予知とされる 1989年9月26日付ブラジルのゴイニア市市長宛
・1997年ダイアナ元皇太子妃暗殺
⇒1995年ブラジル大統領エンリケ・カルトゾ宛他
・アメリカ同時多発テロ事件(2001年9月11日)
⇒1989年10月26日付アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュ宛他
・イラク戦争(2003年3月19日)
⇒2001年10月1日付アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュ宛他
・マイケル・ジャクソンのスキャンダルによる逮捕(2003年11月)
⇒1999年アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン宛他
・スマトラ沖大地震(2004年12月26日)
⇒1997年にモルディブ大統領に手紙を送付
などなど。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

ここまで当てたら本物なんじゃないの?

ジュセリーノ氏の予言的中率は90%と一部では言われていますが、彼が過去に当てたとされる予言のほとんどが、事後に公開された予言であり、その信憑性を疑う声もあります!!
スマトラ沖大地震などは事前に送付したとなっていますが、ジュセリーノ氏自身が送ったと主張しているのであって、実際に手紙を受け取ったことが確認されているわけではありません。また予言通知によって何らかの大事故や悲劇が回避された事実もないようです。

事前に語ったとされる予言の的中率はかなり低い!

2010年以降で事前にジュセリーノ氏が予言していたものを抜粋してみました↓
2010年1月20日 コロンビアでM7.1の地震⇒外れ
2010年5月14日 東京でM7.7の地震で犠牲者は1万人⇒外れ
2010年6月15日 ニューヨークで株式市場が崩壊⇒外れ​
2010年9月15日 東京・横浜でM8.4の地震で犠牲者は7万人以上⇒外れ​
2010年     日本の消費税が35%に達する⇒外れ​
2010年     煙草が1箱1,100円まで値上がり⇒外れ​
2010年     日本の原子力発電所で事故が起きる⇒外れ
2010年     海面上昇で世界各地の海岸で人が住めなくなる⇒外れ
2011年6月26日  熊本県でM6.8⇒6月28日にM4.2(震度4)微妙
2011年7月26日  東アジアでM6.8の地震⇒外れ
2011年10月8日  ガンの治療法が発見され、2013年に完成⇒外れ
2011年     新型インフルエンザで2013年までに7,300万人が死亡⇒外れ
2011年     エルスと呼ばれる新ウィルスが出現⇒外れ
2011年     世界的な飲用水不足⇒外れ
2011年     日本で新しい宗教団体が複数表れ、論争を引き起こす⇒外れ
2012年2月6日~   気温や疫病が増大して人類の滅亡が始まる⇒微妙。
2014年11月24日 ブラジル・サンパウロ氏で飛行機墜落⇒外れ
2015年まで    富士山噴火⇒外れ
2015年     ヨーロッパで大干ばつ⇒外れ
2016年     東京で五輪開催⇒外れ
2017年     地球規模の大干ばつ⇒外れ
事前に語ったとされる予言はことごとく外れているものが多いです。そんな中、昨年の8月中に日本で強い地震が起きるという予言は、6日ずれるニアピン(9月6日に発生)でした。そう、北海道の胆振地方で起きた震度7の地震ですね!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

ジュセリーノ氏の予言は的中率10%?90%?

ここまで見て貰えれば分かるかと思いますが、ジュセリーノ氏の予言は事前に予言したらさっぱり当たらない、事後に予言を公表したらバッチリ当たっていますね。事前予言なら10%・事後なら90%となると、これは疑いたくなるのも分からなくはないですよね。

2018年6月に日本の東海でM10.6の地震が起きると予言も外れる!

そんな事前予言がさっぱりと当たらないと思われるジュセリーノ氏が2018年6月21日に日本の東海でM10.6の地震が起きると予言しましたが、見事に外れてしまいました。 
スポンサーリンク



スポンサーリンク

そんなジュセリーノ氏が新たに6月の予言を発表!

若干うさん臭さが漂うジュセリーノ氏ですが、この度新たに6月の予言を発表しています☟
www.jucelinodaluz.com.br

6月の日本に関する予言は3つ!強い地震・強い台風・コロナについて言及!

では、早速予言の内容を見ていきましょう!!6月の予言は全部で45項目あるのですが、日本に関する予言は3つありますね☟

引用:Jucelino Luzによる2020年6月の予測 
まず1つ目は、強い地震が日本を襲い、損傷と破壊を引き起こす可能性があります。
2つ目は、強い台風が中国、日本、フィリピン、香港に向かっており、問題や深刻な被害を引き起こす可能性があります。
3つ目が日本のコロナウイルスは、いくつかの場所で減少し、他の地域では深刻であり、日本では100社以上が倒産し、全国で何千人もの失業者がいる。政府は失業者を支援します。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

強い地震となると、南海トラフ・千島海溝沿い超巨大地震・日向灘辺りか!?

強い地震が日本を襲い多くの犠牲者の可能性がありますは、M7クラス以上の地震を指すのでしょうか。このクラスだと、南海トラフ・首都直下地震・千島海溝沿い・日向灘辺りの事だととんでもない被害が予想されます!!
南海トラフ巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟
【悲報】史上初『南海トラフ』と『根室沖』が30年以内に発生する確率が80%を示す!!日本オワタwww

続いて首都直下型地震を見てみましょう☟
政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟
【海外地震情報】本日(10/31)南太平洋でM7.0の地震発生!またもや『リング・オブ・ファイア』上。日本は大丈夫か?

千島海溝沿いの超巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震調査研究推進本部は、2017年12月19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられています。
【悲報】北海道を東日本大震災に匹敵するM8.8以上の超巨大地震の発生が切迫している可能性が高い!地震本部が驚愕の発表!!

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、2019年5月10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。
『南海トラフ巨大地震』は1~2年以内に起きると考えるのが自然と立命館大環太平洋文明研究センターの高橋学教授が注意喚起!2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が日本を襲う!?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

南海トラフ地震が起こる確率は?

最後に起きた昭和南海地震(1946年)から70年経過しましたが、仮に100年間隔としたら後30年しかありません。30年以内に南海トラフ地震が起こる確率はどのくらいなのでしょうか?
想定震源域を南海・東南海・東海と分けて計算した確率・規模が下の図です。
最も確率の高いのが東海エリアで87%・東南海エリアが70%・南海エリアが60%となっていますね。
ちなみに2017年の地震調査委員会による発表によると、10年以内に南海トラフでM8.0以上の巨大地震が発生する確率は『20~30%』・50年以内だと『90%以上かそれ以上』と発表されています。

京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています。
【悲報】京都大学の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!現代の地震は平安時代の地震と見事にリンク!『南海トラフ地震』は2030年代に!?国難はすぐそこまで迫っている!!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

関東でM8?首都直下地震・南海トラフ地震!?

地震予知で定評のある『キャンディ』さんは、関東でM8の地震?と投稿しています☟
【地震予知】関東でM8?首都直下地震・南海トラフ地震!?千葉茨城でM5の可能性も!20日05時39分頃には宮城県沖でM6.1の地震が発生!さっきのが前震で今後同規模の本震が来る可能性も!

関東でM8だと首都直下地震・南海トラフ地震などの可能性もありますね!

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

2018年に南海トラフ地震について予言して大外したジュセリーノ氏ですが、最新の予言では強い地震・強い台風・コロナについて予言しています!あまり事前予言は的中率が高くなさそうな彼ですが、ニアピンもあるみたいので、一応警戒しておいた方が良いかもしれませんね!!
おすすめの防災グッズがこちら☟ 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟

寒さ対策はこちら☟
 

人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ