【台風17号のたまご】気象庁の予想天気図では19日21時には日本の南西に台風のたまごである熱帯低気圧が出現!今後台風17号『ソウデル』となって日本列島へ接近する可能性は!?気象庁・米軍(JTWC)・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)などの最新予想!

2020年10月17日土曜日

台風 台風のたまご 台風の卵 台風情報

t f B! P L

 8・9月は台風発生ラッシュとなりましたが、10月もまだまだ油断はできません。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~



7月は統計史上初台風が1個も発生しなかった!

例年なら台風が発生し始める7月ですが、今年の7月は1個も発生しませんした。これは統計史上初のことです。例年の7月発生数は3.6個となっており、今年が異常に少ないことが分かりますね!!

2020年の台風発生はまだわずか16個!!

それどころか2020年の台風発生は、9月19日現在ではまだわずか16個です!内訳を見ると、5月に1個・6月に1個・8月に8個・9月に3個・10月に3個発生しただけですね!!

ただ、勢力の強い台風が出てきているので、油断はできませんね!


スポンサーリンク



スポンサーリンク



米軍の台風情報には96Wが存在!

米軍の台風情報を見てみると、、、
引用:JTWC

日本の南には黄色い〇で囲まれた96Wが存在していることが分かります!色から考えると、まだそこまで発達はしていないようですね!


気象庁の予想天気図では19日21時には熱帯低気圧に!

気象庁の実況天気図を見てみると、、、
引用:天気図


18日03時現在では、日本の南に低気圧(赤字のL)マークが存在しています!
もう少し先の予想を見てみましょう☟

                 引用:天気図

19日21時には日本の南西に熱帯低気圧(赤字のTD)マークになる予想となっていますね!今後台風17号の発生となるのでしょうか?


スポンサーリンク



スポンサーリンク

台風17号の名前は『ソウデル』で『伝説上の首長の護衛兵』を意味する!!

仮に台風17号の発生となった場合、名前は『ソウデル』でミクロネシアが用意した名前になります。意味は『伝説上の首長の護衛兵』を表しています。ちなみに台風の名前は、台風委員会(日本を含む14ヵ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前があらかじめ140用意されていて、発生順に付けられています。

日本列島近辺でも海面水温は27℃以上!!

日本の南海上の海面水温を見てみると、

引用:海面水温

海面水温は日本列島の付近まで27℃以上となっています!一般的に台風の発達には27℃以上必要とされているので、台風のたまごが一気に台風へと発達しても不思議はないですね!


スポンサーリンク



スポンサーリンク


いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は災害大国でいつ不意打ちのように台風が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?
当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟
 
防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!


まとめ

統計史上初の7月台風なしとなった2020年ですが、今後は台風発生ラッシュとなるかもしれません。気象庁の予想天気図では、19日21時には日本の南で熱帯低気圧に変わる予想となっています。今のところすぐすぐに台風の発生とはならなさそうですが、依然海面水温は高止まりしており、油断はできませんね!


おすすめの防災グッズがこちら☟ 
 
 
おすすめのウイルス対策はこちら☟






人気の投稿

Blog Archive

このブログを検索

QooQ