天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

大阪北部地震の震源地付近には複数の断層があってさらなる大きな地震が起こる可能性も!余震と思われる地震も2日間で26回も発生!!

18日07時58分頃に大阪府北部を震源とするM6.1の地震が発生しました。その後も余震と見られる地震が頻発しています。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20190312083628p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

   目次

 

 

1.大阪北部を震源とするM6.1の地震が発生!!

18日07時58分頃に大阪府北部を震源とするM6.1の地震が発生しました。震源の深さは13㎞で、この地震による津波の影響はありませんでした。

www.tenkinoarekore.com

  

2.M6.1の地震後も比較的大きな地震が連発!

M6.1の地震後も余震と思われる地震が連発しています!

18日に発生した地震がこちらです☟

f:id:sho11070714:20180619080057p:plain

引用:気象庁|地震情報

 

18日にはM6.1の地震以降に17回の地震が発生しており、その内震度1が11回・震度2が5回・震度3が1回発生しています!!

f:id:sho11070714:20180619080555p:plain

 引用:気象庁|地震情報

 

日が変わって19日になってからも、9回の地震が発生しており、その内震度1が4回・震度2が2回・震度3が2回・震度4が1回発生しています!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている恐れあり!!

揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている恐れがありますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、危険な場所に立ち入らないなど、身の安全に注意してい下さい!!

  

4.過去の事例では大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1~2割程度ある!

気象庁の会見では、過去の事例では大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1~2割程度あるようです。揺れの強かった地域は、地震発生から1週間程度は最大震度6弱の地震に注意して下さい。今後2・3日は規模の大きな地震に注意する必要があります!! 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.震源地の辺りは複数の断層の密集地で、さらなる大きな地震への警戒も必要!

遠田晋次・東北大災害科学国際研究所教授によりますと、「いつも地震がある高槻あたりより南よりなのが気にかかる。上町断層への影響が心配だ。このあたりは、熊本と似て断層の密集地。いつも起きている大阪北部の地震より大きかった。阪神大震災の余震より大きかったのではないか。周辺断層への影響が考えられる。余震のみならず、さらに大きな地震への警戒が必要だ」と警戒を呼びかけています。

    

6.まとめ

18日07時58分頃に大阪府北部を震源とするM6.1の地震が発生しました。その後も余震と見られる地震が頻発しています。気象庁によりますと、過去の事例では大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1~2割程度あるようです。地震発生から1週間程度は最大震度6弱の地震に注意して下さい。(特に2・3日)また熊本地震のように震源地付近には複数の断層が密集しており、さらに大きな地震が起こる可能性も指摘されています。余震と思わず、本震が来るかもと想定して、しっかりと対策したいところですね。

 

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓