天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

気象庁は7月10日にエルニーニョ監視速報を発表!現在はエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態で、夏も平常の状態が続く可能性が高い!

気象庁は10日にエルニーニョ監視速報を発表しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180710143116p:plain

 

   目次

 

1.気象庁エルニーニョ監視速報を発表!!

気象庁は11日にエルニーニョ監視速報を発表しました。

www.jma.go.jp

 

2.6月の海面水温との基準値の差は+0.3℃で基準値に近い値に!

6月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は+0.3℃で基準値に近い値でした。エルニーニョ現象発生の判断に利用している 5か月移動平均値は、4月までの 7か月間 −0.5℃ 以下でした。

f:id:sho11070714:20180710143435p:plain

引用:気象庁 | エルニーニョ監視速報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.現在はエルニーニョラニーニャも発生していない平常の状態!

気象庁は10日にエルニーニョ監視速報を発表しました。それによりますと、エルニーニョ現象ラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。』との事です。

f:id:sho11070714:20180710143116p:plain

引用:気象庁 | エルニーニョ監視速報

 

4.今年の夏は平常の状態が続く可能性が高い!!

3.の予想を見ていると、今年の夏はラニーニャ現象もエルニーニョ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高く(70%)、秋はエルニーニョ現象が発生する可能性と平常の状態が続く可能性が同程度(50%)となっています!!

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

5.エルニーニョラニーニャも起きないに越したことはない!!

エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のことを言い、ラニーニャ現象は逆に同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象を言います。

ひとたびエルニーニョ現象ラニーニャ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられており、どちらも発生しないに越したことはありません!!

  

6.まとめ

気象庁は10日にエルニーニョ監視速報を発表しました。それによりますと、エルニーニョ現象ラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっており、今年の夏は平常の状態が続くと見られています。ひとたびエルニーニョラニーニャ現象が発生すると、異常気象が発生するとされており、これで少しは安心ですね。

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング