天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

環境省の熱中症予防情報サイトで公開している『暑さ指数』の色を来年度から変更へ!国内に300万人以上いるとされている色覚障害の方に配慮!!

熱中症予防情報サイトで公開している暑さ指数について、環境省は5段階で表示する際の色が色覚障害がある人に識別されにくいとして、来年度から色を変更することになりました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180719091208p:plain

   

   目次

 

1.連日の猛暑で熱中症予防情報サイトが話題に!

環境省熱中症予防情報サイトで、全国の840地点ごとに暑さ指数の実況から予測などを公開しています。今月に入ってから猛暑が全国的に続いていたこともあり、結構話題になっていました!

www.tenkinoarekore.com

  

2.『暑さ指数』は危険度を5段階で色分け!

環境省熱中症予防情報サイトで『暑さ指数』を数値でも表示していますが、熱中症の危険度に合わせて5段階で色分けもされています。

f:id:sho11070714:20180719085835p:plain

 引用:環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.色覚障害がある人には分かりにくいとして来年度から色を変更!

環境省によりますと、色覚障害がある人の中には、現在使用している『危険』を示す赤色と『注意』を示す緑色などの違いがわかりにくい人がいるということで、来年度から色を変更することになりました。  

 

4.変更までは数値で判断を!

環境省は、2020年の東京オリンピックパラリンピックに向けてさまざまな表示を確認する中で見直しを決めたということで、「変更までの間は、数値を見て危険度を判断してほしい」としています。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.色覚障害のある人は日本国内に300万人以上!

色覚障害のある人は、日本国内に300万人以上いるとされており、日本人では男性の約5%・女性の0.2%が先天赤緑色覚異常と言われています。

 

6.色の見直しはありがたいが、パソコン・スマホによっては色が正しく伝わらない可能性も!

色覚障害がある人などで作るNPO法人『カラーユニバーサルデザイン機構』は、今回の変更について「色の見直しはありがたい。ただ、パソコンやスマートフォンによって、色が正しく伝わらない可能性もあり懸念が残る」と話しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

熱中症予防情報サイトで公開している暑さ指数について、環境省は5段階で表示する際の色が色覚障害がある人に識別されにくいとして、来年度から色を変更することになりました。日本国内には色覚障害のある方が300万人以上いるとされており、こうした配慮は必要ですよね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング