天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

文部科学省は南海トラフ巨大地震に備えて四国・九州沖で海底地震・津波観測網『N-net』設置に着手する方針!完成すれば津波検知が最大20分程度早くなる見込み!!

文部科学省は来年度南海トラフ巨大地震に備えて、四国・九州沖で海底地震津波観測網『N-net』設置に着手する方針を固めました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180822191009p:plain

  

   目次

 

1.文部科学省は四国・九州沖で海底地震津波観測網『N-net』設置に着手する方針!

文部科学省は来年度南海トラフ巨大地震に備えて、四国・九州沖で海底地震津波観測網『N-net』設置に着手する方針を固めました。2023年度中の完成を目指すとしています!

f:id:sho11070714:20180822191009p:plain

 

2.多機能のマルチセンサーを約40基沈めてケーブルで結ぶ予定!

観測網には津波を観測する水圧計や地震計などを備えた多機能のマルチセンサーを使用します。高知県室戸市室戸岬沖から宮崎県串間市都井岬沖にかけての想定震源域の海底に約20km間隔でセンサー約40基を沈め、ケーブルで結ぶ予定としています!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.津波検知が最大20分程度早くなって警報の精度も向上する見込み!

この設置によって、津波検知が最大20分程度早くなり、警報の精度向上も期待出来るようですね。今まで南海トラフの海底観測網の空白域が問題になっていましたが、これで埋まる形です!

 

4.総事業費は5年間で200億円弱規模になる見込み!

文科省は、来年度予算の概算要求で約32億円を計上し、総事業費は5年間で200億円弱規模を見込むとしています。設置完了はもう少し先の話になりそうですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

5.まとめ

文部科学省は来年度南海トラフ巨大地震に備えて、四国・九州沖で海底地震津波観測網『N-net』設置に着手する方針を固めました。設置が完了すれば、津波検知が最大20分程度早くなり、警報の精度向上も期待出来るようですね。

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
にほんブログ村

 


天気・気象学ランキング