天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【暖冬の影響】北海道では11月上旬では132年振りの『初雪』が観測なし!記録的な遅さなものの、13日以降はさすがに雪が降りそうなので記録更新はなさそう!

2018年は暖冬が予測されているところですが、北海道では132年振りの珍事となっているようです。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20181111080235p:plain

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

            

   目次

 

1.10日の北海道内では平年より2~9℃高く!

札幌管区気象台によりますと、10日の北海道内の最高気温は江別18.2℃・千歳18.1℃・札幌17.2℃と全道的に平年より2~9℃高くなりました!

 

2.北海道では『初雪』が降らず、28年振りの珍事となっていた!

例年より暖かい日が続いている北海道では、初雪』が観測されておらず、28年振りの遅さとなっていました↓

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

      

3.132年振りの珍事!北海道ではまだ『初雪』が降っていない!!

11日午前0時に職員が常駐する札幌や旭川など8カ所の気象台と測候所では、いずれも初雪が観測されませんでした。最も遅い初雪の記録は、1886年11月18日となっており、それに次ぐ遅さとなります。11月上旬に『初雪』が観測されないのは、132年振りですね!!

 

4.高温の原因は偏西風の蛇行!!

では、なぜこのように雪の訪れが遅くなっているのでしょうか?実は、10月頃から沿海州付近で偏西風が蛇行しており、北海道付近には南からの暖かい空気が入りやすい状態となっています。こうしたことによって、気温が高く経過してるのです!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

5.1886年当時は札幌と函館の2つの観測地点しかなかった!

最も遅い記録となっている1886年当時は、札幌と函館の2つの観測地点しかありませんでした。現在は8つの地点で観測していますので、観測体制が変わって以降では最も遅い記録となります!!

 

6.最新の1か月予報では向こう1か月は全国的に気温は高く!

最新の1か月予報を見てみると、向こう1か月は全国的に気温は高くなる予想となっています。特に北日本・東日本では70%以上と高確率となっており、『初雪』はいつ降るのでしょうか? 

www.tenkinoarekore.com

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

7.11月6日から1週間は『異常天候早期警戒情報』が出されており、気温はかなり高く!!

向こう1か月は全国的に気温は高くなる予想となっていますが、11月6日から約1週間は『異常天候早期警戒情報』が出されており、かなり高くなる予想となっています!!

f:id:sho11070714:20181104124253p:plain

引用:気象庁 | 異常天候早期警戒情報

 

8.13日以降はさすがに『初雪』となりそう!

北海道の週間天気を見てみましょう↓

f:id:sho11070714:20181111080235p:plain

引用:気象庁 | 週間天気予報

 

北海道内では来週13日以降は最低気温が1~-1℃が予想されており、『初雪』となる可能性が高いです。さすがに132年前の最も遅い記録は、更新しなさそうですね!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

9.まとめ

2018年は暖冬が予測されているところですが、北海道では11月上旬まで『初雪』がなく、132年振りのことなりました。これまで最も遅い記録は1886年の11月18日との事ですが、13日以降は気温が下がる予想となっており、さすがに132年振りの更新はなさそうですね!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓