天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

台風21号による高波で関西空港には当初推計の倍の250万立方メートル以上の水が流入!埋め立てて造成した人工島にある弱点が浮き彫りに!!

台風21号による高波で関西空港が浸水した際に、250万立方メートル以上の水が流入していたとみられることが空港を運営する関西エアポートが設置した第三者委員会の試算で分かりました。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20181121100004p:plain

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

            

   目次

 

1.台風21号によって駐機場やA滑走路が水没!

台風21号による高波で関西空港では、駐機場やA滑走路が水没するなど、大きな被害が出ていました☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

2.台風21号の高波で関西空港に当初推計の倍の250万立方メートル以上の水が流入!

台風21号による高波で関西空港が浸水した際に、当初推計の倍に当たる250万立方メートル以上の水が流入していたとみられることが空港を運営する関西エアポートが設置した第三者委員会の試算で分かりました。

      

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

      

3.当時の風や波の状況から浸水状況をシュミレーション!

関西エアポートが設置した第三者委員会は高波に詳しい専門家らで構成されており、当時の風や波の状況から浸水状況をシミュレーションしたとの事です!! 

 

4.埋め立てて造成した人工島にある弱点が浮き彫りに!!

台風21号で記録的な被害となった関西空港ですが、海上を埋め立てて造成した人工島の抱える高波時の弱点が改めて浮き彫りになった形です。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

5.まとめ

台風21号による高波で関西空港が浸水した際に、250万立方メートル以上の水が流入していたとみられることが空港を運営する関西エアポートが設置した第三者委員会の試算で明らかになりました。今世紀末には地球温暖化の影響などで、日本列島周辺では台風の発生数は減るものの、勢力の強い台風が増えるとの予想も出ており、早期の対策が求められますね!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓