天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【地震情報】28日11時23分頃に青森県東方沖を震源とするM5.9の地震が発生!最大震度は北海道・青森県で震度3!日本の沿岸では若干の海面変動の可能性も!!

本日28日11時23分頃に青森県東方沖を震源とするM5.9の地震が発生しました。そこで本日の天気のあれこれでは、この地震の内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20181128120046p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

   目次

 

1.青森県東方沖を震源とするM5.9の地震が発生!

28日11時23分頃に青森県東方沖を震源地とするM5.9の地震が発生しました。震源の深さはごく浅くなっています。この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。

f:id:sho11070714:20181128113936p:plain

引用:気象庁|地震情報

  

2.北海道・青森県では震度3を観測!

この地震による最大震度は3でした。北海道渡島地方東部・日高地方中部・日高地方東部・十勝地方中部・十勝地方南部・釧路地方中南部、青森県津軽北部では震度3を観測しています!!

震度1以上の地震を観測した市町村は以下の通りです☟

f:id:sho11070714:20181128114653p:plain

 引用:地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.緊急地震速報(予報)も発表!!

この地震では、緊急地震速報(予報)も発表されています☟

f:id:sho11070714:20181128114915p:plain

引用:気象庁|緊急地震速報(警報)発表状況

 

4.青森県では30年以内に三陸沖北部でM7.1~7.6の地震が90%!!

青森県での内陸の活断層で発生する地震・海溝型地震を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20181128115217p:plain

引用:青森県の地震活動の特徴 | 地震本部

 

内陸の活断層で発生する地震は、30年以内に不明・もしくは1%以下と低確率となっていますが、海溝型地震では三陸沖北部で繰り返し発生する地震以外の地震(M7.1~7.6)が90%程度と高確率になっているほか、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りで発生する津波地震(Mw8.6~9.0)が30%程度となっていますね!!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

5.FBI超能力捜査官のジョー・マグモニーグル氏が2018年秋に高さ10.5mの津波が来ると予言!!

詳しくはこちらの過去記事で書いていますが、FBI超能力捜査官のジョー・マグモニーグル氏が2018年秋に『日本で高さ10.5mの津波が来る』・『2018年晩夏に東京で震度6弱の地震』と予言しています。津波の高さから考えると、南海トラフ巨大地震か北海道沖の超巨大地震が候補でしょうか? 東京で震度6弱だと首都直下地震の可能性が高いですね。

www.tenkinoarekore.com

 

ただし、彼の場合は著書で自らの予言について「5年ほどの誤差を考慮してみてほしい」と語っており、絶対に今年来るとは言っていないようです。

 

6.『エルニーニョ現象』が始まると太平洋エリアで地震があるのでは?という説も!

エルニーニョ現象が始まると、数カ月以内に日本周辺を含む太平洋エリアで大地震が起きる可能性があるという説です!

過去にエルニーニョ現象が発生している最中に起きた地震がこちらです↓

・ エルニーニョ現象:1940年春~1941年春
1940年8月2日:積丹半島沖地震(M7.5)

・ エルニーニョ現象:1946年春~1947年春
1946年4月1日:アリューシャン地震(Mw8.1)
1946年8月4日:ドミニカ共和国(M8.0)
1946年12月21日:昭和南海地震(M8.0)

・ エルニーニョ現象:1957年春~1958年春
1957年3月9日:アリューシャン地震(M8.3)
1957年7月28日:メキシコ(M8.0)

・ エルニーニョ現象:1963年夏~1963/64年冬
1963年10月13日:択捉島沖地震(M8.1)
1963年11月4日:インドネシア・バンダ海(M8.3)

・ エルニーニョ現象:1976年夏~1977年春
1976年8月17日:フィリピン・ミンダナオ地震(M7.8)

 

特に注目すべきは1946年の昭和南海地震も『エルニーニョ現象』の発生中に起きているということですね。ちなみに最新の気象庁の予想では昨年の秋から発生していた『ラニーニャ現象は春に終わり、今年の秋から『エルニーニョ現象』が始まるのでは?とされています☟  

www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

28日11時23分頃に青森県東方沖を震源地とするM5.9の地震が発生しました。震源の深さはごく浅くなっています。日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。この地震により、北海道渡島地方東部・日高地方中部・日高地方東部・十勝地方中部・十勝地方南部・釧路地方中南部、青森県津軽北部では震度3を観測しています!青森県周辺の地震では、海溝型地震では三陸沖北部で繰り返し発生する地震以外の地震(M7.1~7.6)が90%程度と高確率になっているほか、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りで発生する津波地震(Mw8.6~9.0)が30%程度となっており、ちょっと心配ですね。いつ来ても良いように備えだけはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓