天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【台風情報】日本の南西には台風の卵である熱帯低気圧が存在!30日06時には台風30号『パブーク』となる見込み!歴代TOP3に入る発生日時の遅い台風に!?気象庁・米軍・ヨーロッパ中期予報センターの進路予想は?

今季最強クラスの寒気が流入している日本列島ですが、日本の南西には台風のたまごである熱帯低気圧があります。この台風の卵が台風30号となって、日本へ向かってくることはあるのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

f:id:sho11070714:20181225174853p:plain 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

   目次

 

1. 日本の南西には熱帯低気圧が!!

今季最強クラスの寒気が流入している日本列島ですが、日本の南西には台風の卵である熱帯低気圧が出来ています。

12月29日07時現在の気象衛星画像がこちらです☟

f:id:sho11070714:20181229072216p:plain

引用:気象庁 | 気象衛星

 

この熱帯低気圧が台風30号となって、日本へ向かってくることはあるのでしょうか?

     

2.29日06時現在ではまだ熱帯低気圧のまま!!

気象庁の台風情報によりますと、、、

f:id:sho11070714:20181229072339p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

  

29日06時現在ではフィリピンの東にあって、中心気圧は1002hPa・最大風速は15m/s・最大瞬間風速は23m/sとなっており、まだ熱帯低気圧のままですね。今後台風30号となることはあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.熱帯低気圧は30日06時には台風30号となる見込み!!

この熱帯低気圧の今後の予想を見てみましょう!!

f:id:sho11070714:20181229072433p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

 

予想を見る限りでは、30日06時には台風30号へと変わる見込みとなっていますね!!

 

4.台風となる条件は?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。  それに加えて北半球でかつ東経180度を超えるか、南シナ海に西から入ってくる必要があります。

日本の台風とするエリアは、以下の図の赤枠の中だけですね!

f:id:sho11070714:20181007163437p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

5.  台風30号の名前は『パブーク』で淡水魚の名前から由来!!

仮にこの予想通りに台風30号となった場合の名前は、順番から『パブーク』となります。この名前は、ラオスが用意した名前で、『淡水魚の名前』を意味しています!!ちなみに台風の名前は『台風委員会』などが提案名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

www.jma.go.jp

 

6.米軍の進路予想ではこのまま西進する予想!!

では、気になる進路を見てみましょう!!

まずは米軍の進路予想がこちらです☟

f:id:sho11070714:20181229072741p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

  

このまま西進する予想となっており、日本へは向かって来ない予想ですね!!

この他にも南半球には94P・95Pと台風の卵が存在しています☟ 

f:id:sho11070714:20181229072811p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

7.ヨーロッパ中期予報センターの予想では日本への影響はなし!

では、ヨーロッパ中期予報センターの予想で見てみましょう!

f:id:sho11070714:20181228055548g:plain

 引用:ECMWF | Advancing global NWP through international collaboration 

  

米軍と同様に西進する予想となっており、日本への影響はなさそうですね!!

 

8.日本の南の海上は海面水温が27℃以上と高く、勢力が発達しやすい!

台風シーズンもさすがに終わりつつありますが、日本の南の海上は海面水温が高く、ぽっと出の雲の塊でもすぐに発達する恐れがあります。

気象庁の発表している日本の南の海上の日別海面水温がこちらです☟

f:id:sho11070714:20181228055057p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本の南の海上の海面水温は27℃以上と非常に高くなっており、今後も雲の塊が勢力を増して熱帯低気圧を経て、台風となる可能性はあります。

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク  

 

9.  発生日時が遅い台風TOP3入り確実!!

年末に台風の発生とはあまり聞いたことがありませんが、過去の記録はどうなっているのでしょうか?

気象庁の発生日時を見てみると、、、

f:id:sho11070714:20181225173950p:plain

引用:気象庁|発生日時

 

過去には2000年に12月30日09時に発生したのが最も遅いようですね!!このまま台風30号の発生となれば、TOP3に入りは確実、もしかしたらこれまでで最も遅い記録を更新する可能性すらありますね!!

  

10.まとめ

12月もあとわずかとなっていますが、日本の南西には熱帯低気圧(TD35W)が存在しており、気象庁の予想では30日06時には台風30号となる見込みです。ちなみに日本へは向かって来ない予想ですが、1951年の統計開始以来でTOP3に入る発生時期の台風となる見込みで、今後の動向に注目ですね!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

   

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓