天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

政府の地震調査委員会は日本海溝沿いの大地震(M7~8級)が今後30年以内に高い確率で発生すると注意喚起!!確率が高いところでは他にも南海トラフ巨大地震・北海道沖超巨大地震・首都直下地震も!!

政府の地震調査委員会は本日26日に、東北―関東地方の日本海溝沿いの海域での長期評価を公表しました。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20190228105130p:plain

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

            

   目次

 

1.地震調査委員会は日本海溝沿いの海域の長期評価を公表!!

政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大教授)は26日、東北―関東地方の日本海溝沿いの海域での長期評価を公表しました。日本海溝では津波を伴う大地震が繰り返し起きてきたため、東日本大震災では想定外のM9.0の巨大地震が発生したことを踏まえて、従来の予測を抜本的に見直しています。

www.jishin.go.jp

  

2.今後30年間にM7~8の大地震が起きる可能性が高い!!

地震調査委員会の発表によりますと、今後30年間にマグニチュード(M)7~8の大地震が起きる可能性が高いとしています。特に確率の高いところでは、宮城県沖では38年ごとに発生するM7.4前後の宮城県沖地震のほか、震源域を海溝近くまで広げたM7.0~7.5の大地震を新たに想定し、30年以内の発生確率を90%程度としています。

     

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

      

3.福島県沖でのM7クラスは10%から50%に!!

この他にも福島県沖のM7級は10%から50%に高まりました。過去に高さ4~6mの津波が襲ったM7.9の地震は、青森県東方沖から岩手県沖北部で5~30%と変わっていませんが、宮城県沖は20%に上昇しました。従来の宮城県沖地震は、大震災と同時に発生したため50%に下がったが、早まる可能性もあるとしています。

日本海溝で起きる地震の新想定がこちらです☟

f:id:sho11070714:20190228105130p:plain

 

4.東日本大震災型は30年以内の発生確率はほぼ0%!!

軒並み高い確率となっている東北―関東地方の日本海溝沿いの海域ですが、東日本大震災と同じ場所でM9の超巨大地震が起きる確率はほぼ0%としています。これは、大震災型の巨大地震は津波で陸上に運ばれた堆積物の調査などから、平均発生間隔は550~600年とされているためです。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

5.平田委員長はM7~8級の地震が非常に高い確率で起こると注意喚起!!

今回の公表の際に、平田委員長は「大震災の影響は現在も非常に大きく、M7~8級の地震が非常に高い確率で起きる。再び強い揺れや高い津波が来ると考え、十分注意してほしい」と話し、注意喚起をしています。

 

6.地震調査委員会は沿岸に達する津波の高さの予測も進めている!

平田委員長は「大震災があったので、しばらく大きな地震は起きない、とは考えないでほしい」と警戒を呼び掛けています。こうしたことから、地震調査委員会は地震で発生する津波の高さの予測も進める予定です。

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

7.南海トラフ巨大地震が近いのでは?という話も!!

今回の東北―関東地方の日本海溝沿いの海域以外にも、30年以内に発生する確率の高いところでは、南海トラフ巨大地震・首都直下地震・北海道沖超巨大地震などがあります。その中でも特に影響が大きい考えられるのが、南海トラフ巨大地震です!

南海トラフ巨大地震は地震本部によりますと、30年以内に70~80%程度とされています☟

www.tenkinoarekore.com

 

この他にも2020年の東京五輪までにが起こるのではという説もあります☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

8.北海道沖超巨大地震は最大40%!!

政府の地震本部によりますと、2017年12月19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

9.首都直下地震は30年以内に約70%!!

地震本部によりますと、現在出されているデータでは、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震が、30年以内に約70%の可能性で起こるであろうとの試算が出ています。

www.tenkinoarekore.com

 

10.『ババ・ヴァンガ』・『フッガービーツ』・『ジュセリーノ』氏が2019年中の巨大地震を予言!?

30年以内と言っても、明日来る可能性もありますし、20年後かもしれません。そうなると、いつ来るのかが気になりますよね。ここからは科学的な根拠は一切ありませんが、著名な予言者が2019年中の巨大地震を予言しているのです!!

『ババ・ヴァンガ』氏の予言がこちらです☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

『フッガービーツ』氏の予言がこちらです☟  

www.tenkinoarekore.com

 

『ジュセリーノ』氏の予言がこちらです☟  

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

      

11.まとめ

政府の地震調査委員会は本日26日に、東北―関東地方の日本海溝沿いの海域での長期評価を公表しました。それによりますと、政府の地震調査委員会は日本海溝沿いの大地震(M7~8級)が高い確率で発生すると注意喚起しています。この他にも確率の高いところでは、南海トラフ巨大地震・首都直下地震・北海道沖超巨大地震などもあり、日本のどこにいても安心は出来ませんね。いつ来ても良いように備えだけはしっかりとしておきましょう!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓