天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

【二十四節気】本日3月6日は暦上では『啓蟄』!ひな人形を仕舞うには最適と言われる日だが、8日(金)の方が良いかも!?娘の今季はちょっと心配www

本日3月6日は暦上では『啓蟄』にあたります。本日の天気のあれこれでは、『啓蟄のあれこれ』について書いていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20190303153312j:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

    目次

 

1.啓蟄(けいちつ)とは?

啓蟄(けいちつ)とは二十四節気の1つで、春分(しゅんぶん)と雨水(うすい)の間の第三節目になります。『暦便覧』で「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と説明されているように、大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころと言われています。

f:id:sho11070714:20190303153338p:plain

   

2.『啓蟄』は具体的にどんな虫?

『啓蟄』なんて虫聞いたことないな~と思った人もいるかもしれませんが、具体的にどの虫と決まっている訳ではありません。テントウムシやムカデ・蝶々なども冬ごもりする虫になりますね。これら昆虫以外にも漢字に『むしへん』を使う蛙などの両生類や蛇などの爬虫類も含まれます!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.この時期は虫出しの雷が鳴る!!

『啓蟄』の時期には、『虫出しの雷』が鳴る頃と言われています。立春後に初めて鳴る雷のことを言い、地中の虫たちが雷鳴に驚いて地中から出てくると言われます。別名『春雷』とも呼ばれ、寒冷前線の通過に伴って鳴ることがあります。

  

4.ひな人形は『啓蟄』の日に片づけると良い?

ひな人形は『啓蟄』の1つ前の『雨水』に出すと良いという言い伝えがありますが、『啓蟄』の日に片づけると良いと言われています。ひな人形をいつまでも出していると婚期が遅れるとも言われますし、早めにしまった方が良さそうです。

ひな人形をしまう際には、湿気が少ない晴れた日にしないと、カビやシミにより人形が傷む原因となります。6日・7日の天気を見てみると、あまり良い天気とは言えなさそうですね!!

f:id:sho11070714:20190306090906p:plain

f:id:sho11070714:20190306090955p:plain

引用:気象庁 | 天気予報

 

8日には全国的に晴れる予想なので、金曜日が良さそうですね!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

5.『啓蟄』に食べるといいものは?

『啓蟄』にこれを食べるというものは特に決まっていませんが、この時期に旬を迎えるかぶや新玉ねぎ・鰆(さわら)などがオススメです。こちらのページで二十四節気のレシピを紹介しているので、是非作ってみて下さいね。

f:id:sho11070714:20190303153459p:plain

引用:啓蟄 - 二十四節気の醤油料理

 

6.『啓蟄』にする行事は?

『啓蟄』にする行事は特に決まっていませんが、この頃から採れる春の山菜などを探すのも良いかもしれません。春の山菜といえば、つくし・ゼンマイ・ふきのとうなどがありますね。

f:id:sho11070714:20190303153514j:plain

 

採りに行く際には熊もそろそろ冬眠から覚める頃なので、ラジオや鈴を持っていくなど注意してくださいね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

7.まとめ

本日6日は二十四節気の1つである『啓蟄』にあたります。雨も上がって晴れ間が出るところも多そうなので、ひな人形をしまうには最適かもしれません。またそろそろ山菜が出てくる時期なので、運動がてら探してみるのもおススメですよ。

  

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓