天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象まであれこれ書いていきます~基本は真面目な話ですが、たまに眉唾の話も取り上げますのでご容赦下さい!!

先月玄界灘に野生のシャチが出現!大地震の前兆か!?過去には東日本大震災の3日前にクジラの大量座礁!2019年中に巨大地震が起こるという予言も!

先月玄界灘に巨大なシャチが出現したようです。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~  

f:id:sho11070714:20190317144550p:plain

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

            

   目次

 

1.2月に玄界灘で巨大なシャチが出現!!

佐賀県唐津市呼子町の港を拠点とする遊漁船の船長が、先月長崎沖で船に寄り添って泳いだり、何度もジャンプしたりする巨大なシャチの姿を見つけたようです。7mある自分の船の甲板より大きく感じたと話しているので、如何に大きいかが分かります。少し離れたところに巨大な3頭が見えたとのことで、親子だったのでしょうか?

news.livedoor.com

 

2.玄界灘にシャチが出現するのはレア!!

マリンワールド海の中道の担当者によりますと、「シャチは基本的には寒い海にいて、時に温かい海に来ることがある。日本では北海道付近にいて、和歌山の海で目撃情報があるが、玄界灘では珍しい」と話しているようです。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

3.シャチには地磁気を感知する『磁気感覚』がある!!

シャチを含むイルカ類は、人間が感じることのできる五感の他に、さらに二つの感覚を持つと言われています。ます一つ目が、『エコロケーション』と呼ばれ超音波などを駆使して物体の場所や形を認識する能力、そして2つ目が『磁気感覚』です。磁気感覚とは、地球がもつ地磁気を感知することによって自分が向いている方角などを感知する能力とされています。
 

4.シャチには地震予知能力がある!?

『磁気感覚』と呼ばれる能力を持っているシャチですが、地磁気を感知するとなると、地震なんかも事前に察知出来るのかもしれません。地震が発生する直前には、岩石には強い圧力がかかっており、その影響で『ピエゾ磁気』と呼ばれる磁力が発生しています。こうしたことで、地震発生前後で地磁気が大きく変化するとされており、もしかしたらこうした前兆を察知して、逃げてきているのかもしれませんね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.東日本大震災の3日前には三陸海岸で348頭のクジラが座礁!!

2011年3月8日の東日本大震災の3日前には、三陸海岸に348頭のクジラが座礁したと言われています。こうしたこともあり、専門家は「過去にも大地震が起きる前に海中で生物の異常現象が起きている」と指摘しており、これは地震の前兆と言えるかも知れませんん!!

 

6.玄界灘では2015年にM7.0の地震が発生!!

今回シャチの出現した玄界灘では、2005年3月20日午前10時53分にM7.0・最大震度6弱の地震が発生しています↓

www.jishin.go.jp

 

震源となった『警固断層帯』は、なお大地震を引き起こすリスクが高いとされており、これは要注意ですね!!

www.jishin.go.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.2019年中に巨大地震が起こるという予言も!!

2019年中に南海トラフ地震などの巨大地震が起こるという予言が相次いでいます☟ 

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

www.tenkinoarekore.com

 

非科学的な予言ですが、こうも重なると不安になりますね!!

 

8.『エルニーニョ現象』が始まると太平洋エリアで地震があるのでは?という説も!

エルニーニョ現象が始まると、数カ月以内に日本周辺を含む太平洋エリアで大地震が起きる可能性があるという説です!

過去にエルニーニョ現象が発生している最中に起きた地震がこちらです↓

・ エルニーニョ現象:1940年春~1941年春
1940年8月2日:積丹半島沖地震(M7.5)

・ エルニーニョ現象:1946年春~1947年春
1946年4月1日:アリューシャン地震(Mw8.1)
1946年8月4日:ドミニカ共和国(M8.0)
1946年12月21日:昭和南海地震(M8.0)

・ エルニーニョ現象:1957年春~1958年春
1957年3月9日:アリューシャン地震(M8.3)
1957年7月28日:メキシコ(M8.0)

・ エルニーニョ現象:1963年夏~1963/64年冬
1963年10月13日:択捉島沖地震(M8.1)
1963年11月4日:インドネシア・バンダ海(M8.3)

・ エルニーニョ現象:1976年夏~1977年春
1976年8月17日:フィリピン・ミンダナオ地震(M7.8)

 

特に注目すべきは1946年の昭和南海地震も『エルニーニョ現象』の発生中に起きているということですね。ちなみに最新の気象庁の予想では昨年の秋から発生していた『ラニーニャ現象は夏にかけて続くのでは?とされています☟   

www.tenkinoarekore.com

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

         

9.まとめ

先月玄界灘に巨大なシャチが出現しました。シャチはそもそも北海道などの冷たい海域にいる生き物で、玄界灘に出現することはかなり珍しいようですね。シャチやイルカなどには地磁気を感知する『磁気感覚』が備わっているとされており、これが地震の前兆とかじゃないと良いのですが。。

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓