天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【噴火警報】気象庁は14日14時30分に阿蘇山の噴火レベルを2(火口周辺規制)に引き上げ!火山性微動の振幅がやや大きく!阿蘇山は有史以降では120回以上噴火が発生!!

気象庁は4月14日に阿蘇山で火山活動が高まっているとして、噴火警報を発表しました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

2019年4月15日に釧路沖でM5.2の地震が☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

 西日本の地震が南海トラフ巨大地震の前兆と言う説も☟

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20190414165051j:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

 

1.気象庁は阿蘇山の噴火警戒レベルを引き上げ!!

気象庁は本日4月14日14時30分に『阿蘇山 噴火警報(火口周辺)』を発表しました!!それによりますと、中岳第一火口から概ね1㎞の範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒してくださいとして、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げています!!

 

2.噴火警戒レベルのおさらい!

噴火警戒レベルのおさらいをしておきましょう。1~5段階あり、数字が上がっていくほど危険度がアップします。

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮
者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規
制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)

雌阿寒岳は今のところ一番下のレベル2ですが、警戒はした方が良さそうですね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.阿蘇山では本日14日13時30分頃から火山性微動の振幅がやや大きく!!

『阿蘇山 噴火警報(火口周辺)』の発表によりますと、阿蘇山では、本日(14日)13時30分頃から火山性微動の振幅がやや大きくなっています。また、13日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日あたり2,100トンと多い状態が続いています。

 

4.風下側では火山灰・小さな噴石に注意!!

『阿蘇山 噴火警報(火口周辺)』の発表によりますと、対象市町村は阿蘇市・南阿蘇村となっており、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。また、火山ガスに注意してください。  としています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.阿蘇山は有史以降で120回以上も噴火している!!

阿蘇山と言えば、火山の多い日本の中でも特に噴火の回数が多い火山になります。有史以降で分かっているだけでも、120回以上発生しています。直近では2015年11月25日にストロンボリ式噴火を観測していますね。

www.data.jma.go.jp

 

6.阿蘇山のリアルタイムの様子が見たい方はこちら!!

阿蘇山のリアルタイムの様子が見たい方は、こちらからどうぞ↓

www.data.jma.go.jp

 

ライブカメラはこちら☟


阿蘇ライブカメラ~阿蘇火山博物館・草千里~

 

今日は悪天候ということもあり、良く見えませんね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

7.まとめ

気象庁は阿蘇山で本日14日13時30分頃から火山性微動のふり幅がやや大きくなっているとして、噴火警報を発表して注意を呼びかけています。気象庁は噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)に引き上げており、これは要注意ですね!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓