天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【地震予知】オランダの地震予知研究者『フッガービーツ』氏が2019年4月30日~5月3日にM7~8クラスの巨大地震を予言!惑星配列は米地震観測史上最大のM9.2を記録した『アラスカ大地震』にそっくり!日本だと『南海トラフ巨大地震』・『首都直下地震』・『千島海溝沖超巨大地震』辺りか!?

オランダの地震予知研究者『フッガービーツ』氏が2019年5月3日までに巨大地震を予言しているようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

地震ならM6以上・噴火なら中規模噴火!? 

www.tenkinoarekore.com

 

『ホリエモンロケット』は無事宇宙へ☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

 

f:id:sho11070714:20190503054420p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.世界各地ではM7以上の地震が頻発!!

世界各地では連日のようにM7.0クラス以上の地震が頻発しています!!

 インドネシア☟

www.tenkinoarekore.com

 

台湾☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

フィリピン北部☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

フィリピン中部☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

一体何が起こっているのでしょうか?

 

 

2. これらの巨大地震は『リング・オブ・ファイア』上で発生している!!

フィリピンの地震も含めて、これらの地震は全てリング・オブ・ファイア上で発生しています。

f:id:sho11070714:20190423222539p:plain


①4月12日 インドネシア M6.8

②4月18日 台湾 M6.1

③4月22日 フィリピン北部 M6.1

④4月23日 フィリピン中部 M6.4

⑤???  日本?

 

リング・オブ・ファイアとは、環太平洋火山帯のことで、太平洋の周囲を取り巻く火山帯を指します。上の地図を見たら分かるかと思いますが、日本列島もこのリング・オブ・ファイア上にあります。

 

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

3.リング・オブ・ファイア上での地震は連鎖するという説も!!

こうしたリング・オブ・ファイア上での地震は連鎖するとの説もあります。詳しくはこちらの過去記事に書いていますが、『リング・オブ・ファイア』上をぐるりと時計回りに移動するかのように巨大地震が連鎖すると言われており、アリューシャン列島を大きな地震が襲うと、次に中南米・日本と連鎖するというものですね!! 

www.tenkinoarekore.com

 

同じリング・オブ・ファイア上にある日本も他人事ではありませんね!!

 

4.オランダの地震予知研究者『フッガービーツ』氏が2019年4月30日~5月3日に巨大地震を予言!!

連日巨大地震が頻発していますが、海外で注目されてきたオランダの地震予知研究者『フランク・フッガービーツ』氏が、4月30日〜5月3日の間にマグニチュード7〜8の巨大地震を予言しています!!

 

f:id:sho11070714:20190503055924p:plain

引用:Global Earthquake Forecast | Ditrianum

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

5.惑星配列がM9.2を記録した1964年のアラスカ大地震にそっくり!!

オランダの地震予知研究者『フランク・フッガービーツ』氏によりますと、今回の惑星配列は、マグニチュード9.2を記録した1964年のアラスカ大地震の時とそっくりとのことで、「厳戒態勢(high alert)」を呼びかけています。

www.ditrianum.org

 

6.アラスカ大地震は『聖金曜日地震』とも呼ばれる米地震観測史上最大の地震!!

では、そのアラスカ大地震とはどのような地震だったのでしょうか?アラスカ大地震は、1964年3月27日にアメリカ合衆国アラスカ州で発生した地震です。聖金曜日に発生したことから、『聖金曜日地震』とも呼ばれています。

震源はアラスカ州南西部のプリンス・ウィリアム湾で、観測された表面波マグニチュードはMs8.4〜8.6とされていたが、その後、金森博雄氏の推定によりモーメントマグニチュード(Mw)で9.2であることが判明し、米地震観測史上最大規模だった事が分かりました。この地震で131人が亡くなっています。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

7.『フッガービーツ』氏って誰?凄い人なの

フッガービーツ氏は、太陽系の惑星の配置という占星術的な手法で地震を予測しているオランダ人の地震予測家で、場所こそ特定できないものの、発生日時を当てることには優れていると言われています。これまでにもM7.8を記録したネパール大地震や、2017年4月に発生した熊本地震を予測し、的中しています!!

 

フッガービーツ氏はこちらです↓

f:id:sho11070714:20181020124435p:plain

 

 

8.2019年中の巨大地震を示す予言が続々!

この方以外にも著名な予言者が2019年中の巨大地震を予言しているのです!!

『ババ・ヴァンガ』氏の予言がこちらです☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

『ジュセリーノ』氏の予言がこちらです☟   

www.tenkinoarekore.com

 

聖徳太子の予言がこちらです☟    

www.tenkinoarekore.com

 

ノストラダムスの予言がこちらです☟        

www.tenkinoarekore.com

 

松原照子氏の予言がこちらです☟     

www.tenkinoarekore.com

 

ネットでは2019年5月11日がヤバいという説も☟ 

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

9.M7~8クラスだと日本では南海トラフ巨大地震・首都直下地震・北海道沖超巨大地震辺りか!!

日時は当てられても場所は当てられない『フッガービーツ』氏ですが、日本でM7~8クラスと言えばどれが当てはまるのでしょうか?

まず思い浮かぶのは南海トラフ巨大地震です!2月には30年以内に発生する確率が『70~80%』に引き上げられており、これは可能性がありそうです!!

www.tenkinoarekore.com

 

続いて首都直下地震も考えられます。現在出されているデータでは、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震が、30年以内に約70%の可能性で起こるであろうとの試算が出ています↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

最後に北海道沖超巨大地震も考えられますね。こちらは政府の地震調査研究推進本部によって北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表されています↓ 

www.tenkinoarekore.com

 

 

10.この中でも特に南海トラフ巨大地震が近いのでは?と言う説も!!

一部の研究者の中には南海トラフ地震が近いのでは?という研究者います。

2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が発生する可能性が高いという説も ☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

この研究者は2019年GW10連休が危ないかもとも話しています☟ 

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

11.次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9という説も!!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、直近の南海トラフ地震がM8クラスだったことから、前回の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ巨大地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めている可能性があるという説があります。そうした事から、次の『南海トラフ巨大地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようですね!! 

www.tenkinoarekore.com

  

12.既に南海トラフ巨大地震の長期の前兆に!?

南海トラフ地震が発生する前には、プレートに蓄積されたエネルギーが西日本の内陸部にも影響を与えるという説があります。仮にこの説が正しいとすると、現在進行形で西日本でM6.5以上の地震が増加しており、南海トラフ巨大地震の長期の前兆と言えるかもしれません。

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

13.気象庁は日時と場所を特定した地震予知はデマというスタンス!!

気象庁によりますと、一般に日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。としています。  

www.tenkinoarekore.com

 

 

14.現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は高まっていない!

ここまで散々脅しておいてなんですが、最新の気象庁の発表によりますと、現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は、平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

      

15.まとめ

連日世界各地でM7以上の規模の大きな地震が頻発していますが、オランダの地震予知研究者『フッガービーツ』氏が2019年4月30日~5月3日に巨大地震の予言をしていることが分かりました。彼は日にちを当てるスペシャリストですが、場所当てはあまり得意じゃないようですね。日本で言うとこの規模なら南海トラフ巨大地震・首都直下地震・北海道沖超巨大地震でしょうか?いつ来ても良いように備えだけはしておいた方が良いかもしれません!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓