天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【朗報】太平洋沖で最大で25秒・南海トラフ地震の想定震源域にあたる紀伊半島沖などで10秒『緊急地震速報』の発表が早く!防災科学技術研究所の運用する『S-net』・『DONET』の活用で!6月27日正午から運用開始!!

気象庁と防災科学技術研究所は6月21日に、海底地震計の観測データを活用して、太平洋の沖合で起きる地震に対する緊急地震速報を最大25秒程度早く発表すると明らかにしました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について書いていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20190622175155p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

   目次

 

1.太平洋の沖合で起きる地震に対する緊急地震速報が最大25秒程度早く!!

気象庁と防災科学技術研究所は6月21日に、海底地震計の観測データを活用して、太平洋の沖合で起きる地震に対する緊急地震速報を最大25秒程度早く発表すると明らかにしました。 

www.jma.go.jp

 

運用開始は6月27日正午からのようですね!!

 

2.紀伊半島沖などの地震に対しては最大10秒程度早く発表!!

気象庁と防災科学技術研究所の発表によりますと、紀伊半島沖などの地震に対しては、最大10秒程度早く発表出来るようになるようですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

3.太平洋沖の地震が最大25秒早く発表出来る理由は『S-net』の活用!!

今回太平洋沖の地震が最大25秒早くなるとの事ですが、これは防災科学研究所が運用している北海道から関東沖の太平洋に設置した『日本海溝海底地震津波観測網(S-net)』を活用することになったためです!

f:id:sho11070714:20190622172101p:plain

引用:海底地震観測データの緊急地震速報への活用について

 

4.紀伊半島沖などの地震が最大10秒早く発表出来る理由は『DONET』の活用!!

同様に紀伊半島などの地震については、最大10秒早くなるとの事ですが、 これは防災科学研究所が運用している紀伊半島や室戸岬沖にある『地震・津波観測監視システム(DONET)』を活用することになったためです!

f:id:sho11070714:20190622172759p:plain

引用:海底地震観測データの緊急地震速報への活用について

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.『S-net』は陸側にある地震計125個・『DONET』は51個の地震計を使用!!

気象庁と防災科学技術研究所の発表によりますと、S-net』のうち日本海溝より陸側にある地震計125個・DONETは51個の地震計を使うようです。これにより、緊急地震速報の発表が早くなるようですね!!

  

6.少しでも早く出すことで住民が身を守る行動に繋がれば!

今回の発表に対して気象庁の担当者は、「大きな被害が想定される地震で少しでも早く速報を出すことで、住民が身を守る行動につながれば」と話しています!!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

今回南海トラフ地震の想定震源域にあたる紀伊半島沖などで最大10秒早くなるとの事ですが、立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、5月10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

www.tenkinoarekore.com

 

この研究者は、2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が発生する可能性が高いという説も提唱しています ☟ 

www.tenkinoarekore.com

  

8.南海トラフ地震・首都直下地震・日向灘などは30年以内に70%以上!

政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

後は関東なら、首都直下地震でしょうか?

政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟

www.tenkinoarekore.com

 

日向灘に関しても専門家からはM7の可能性が指摘されています☟

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   

9.神奈川県鎌倉市の材木座海岸ではザトウクジラが漂着!!

5月21日に鎌倉・材木座海岸に謎の生物が打上げられているとして話題になっています!! 

www.tenkinoarekore.com

 

クジラと地震は関係ないという専門家もいますが、相模トラフ・南海トラフあたりも要注意ですね!!

  

10.室戸沖に異変!?『ジンベエザメ』が短期間で7回も定置網に!

6月12~14日に室戸市沖の定置網に相次いでジンベエザメが掛かかる珍事が起きました!高知新聞によりますと、ジンベイザメは4つの大敷組合の網に計7回入ったとの事です! 

www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

11.『環太平洋対角線』の法則が発動で日本で巨大地震が!?

『環太平洋対角線の法則』とは、南半球で地震が起こると、その対角線上で半年以内に地震が起こるという法則になります。

www.tenkinoarekore.com

 

過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生しており、ここ数カ月は要注意ですね!!

  

12. いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

13.まとめ

気象庁と防災科学技術研究所は6月21日に、海底地震計の観測データを活用して、太平洋の沖合で起きる地震に対する緊急地震速報を最大25秒程度早く発表すると明らかにしました。10秒・25秒でも早くなれば、備える時間も出来ますし、これは助かりますね。

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓