天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【世界初】雷にも前兆があった!?京都大学などの研究チームが世界で初めて雷雲で『ガンマ線』が生じたのを地上付近で連続観測に成功!『ガンマ線』って放射線の一種だけど、人体への影響は!?

6月25日に雷直前と発生時に雷雲から放射線が出る?という驚きの研究が発表されました。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について書いていきたいと思います~

f:id:sho11070714:20190626104906p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

   目次

 

1.雷雲でガンマ線が生じたのを地上付近で連続観測!

京都大の榎戸輝揚特定准教授や東京大大学院生和田有希さんらは、雷雲でエネルギーの高い電磁波であるガンマ線が生じたのを地上付近で連続観測したと6月25日に発表しました!

 

2.この論文は英物理学誌『コミュニケーションズ・フィジックス』に掲載!

この論文は25日付の英物理学誌コミュニケーションズ・フィジックスに掲載されています☟

www.nature.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

3.連続観測は世界初めてのこと!!

今回連続観測された雷の直前に約1分間観測されたガンマ線は『ロングバースト』・雷と同時に1秒未満だけ観測されたガンマ線は『ショートバースト』と呼ばれ、発生メカニズムが異なるとされています。これらが連続して観測できたのは世界で初めての事です!!

 

4.連続観測に成功した2018年1月10日は強い冬型の気圧配置で日本海側では大雪・雷を観測!!

京都大の榎戸輝揚特定准教授らは、金沢市内の2ヶ所にガンマ線の検出装置を設置しており、『ロングバースト』と『ショートバースト』を初めて連続観測したのは金沢市内の2高校に設置した小型装置で、昨年1月10日未明でした。当時は強い冬型の気圧配置で、日本海側は大雪になったり、雷が落ちたりしたようですね!

f:id:sho11070714:20190626103338p:plain

引用:気象庁|日々の天気図

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.雷の前兆が見つかったかも!?

今回の研究について簡単に言うと、雲の中を電子が高速で動くことで、ガンマ線が放たれるという理屈との事です!研究者は今回の発表を受けて、「雷の前兆が見つかったかも知れない」としています!!

  

6.ガンマ線って放射線のことだよね!?人体への影響は?

ガンマ線と聞くと、つい放射線のことを想像してしまいますが、人体への影響は無いのでしょうか?京都大の榎戸輝揚特定准教授によりますと、ガンマ線は放射線の一種に分類されるが、地上付近では微弱になるため、人体への影響はないとの事です!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

7.まとめ

6月25日に雷直前と発生時に雷雲から放射線が出るという驚きの研究が発表されました。これらの連続観測は世界初とのことで、雷の前兆を見つけたかもしれないとの事です!今後も市民と協力して観測例を増やしたいとしており、頑張って欲しいですね!!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓