天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【地震前兆】隅田川で約3,000匹のコノシロやコイが大量死!過去には『関東大震災』の2週間前にも同様の現象が!2020年発生説のある『首都直下地震』・『南海トラフ地震』に要注意!

東京都隅田川ではコノシロやコイなど約3000匹が大量死したようです。そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

 【地震予知】『麒麟地震研究所』さんによると観測機2・3に地震前兆反応が!しばらくはM6前後・M7前後の地震に要警戒!

www.tenkinoarekore.com

 

 【地震雲】7月11日夕方~12日にかけて日本各地で『地震雲』の投稿が相次ぐ!7月10日には『帯状形地震雲』と見られるものも!

www.tenkinoarekore.com

 

【悲報】地震学者が『南海トラフ地震』の直前予知を100回試みても99回は失敗!ほぼほぼ不意打ちで『南海トラフ巨大地震』が来る事が濃厚!! 

www.tenkinoarekore.com

  

 【地震予知】7月10日に背中まで響く火山体感反応が!特殊体感反応の場合は3日以内に海外M7か国内M6前後の発震体感!

www.tenkinoarekore.com

   

f:id:sho11070714:20190710080500j:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

   目次

 

1.隅田川に約3,000匹のコノシロやコイが浮かぶ!

東京都は、隅田川の水神大橋と永代橋の区間を中心に、コノシロやコイなど約3,000匹の大量死を確認したと発表しました。

www.metro.tokyo.jp

 

2.隅田川の水中の酸素が低い状態!

この事態を受けて、環境局は7月8日11時00分頃に蔵前橋付近で実施した水質検査を実施しました。その結果は、水中の溶存酸素量が通常の値(約5㎎/L以上)より低い状態でした。

f:id:sho11070714:20190710074543p:plain

引用:隅田川における魚のへい死|東京都

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.魚の大量死は酸素不足が原因か!?ただし、その原因は不明!

環境省の実施した水質検査の結果から、水中の溶存酸素が不足したことが、魚のへい死の原因と考えられます。ただ、現状では酸素量が減った原因は不明としています!!

  

4.関東大震災の2週間前にも隅田川に死んだ魚が大量に浮かぶ!

過去に発生した大地震では、関東大震災の2週間前にも隅田川に死んだ魚が大量に浮かんだとされていますね☟

matome.naver.jp

 

今回の隅田川の魚の大量死もまだ酸素不足の原因が分かっていないだけに気になりますね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.関東で大地震と言えば『南海トラフ巨大地震』・『首都直下地震』を連想!!

関東で大地震と言われると、まず想像してしまうのは、『南海トラフ巨大地震』ですよね。

政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

後は首都直下地震でしょうか?

政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています☟

www.tenkinoarekore.com

 

6.『環太平洋対角線』の法則が発動で日本で巨大地震が!?

『環太平洋対角線の法則』とは、南半球で地震が起こると、その対角線上で半年以内に地震が起こるという法則になります。

www.tenkinoarekore.com

 

過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生しており、ここ数カ月は要注意ですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

7.南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、5月10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

www.tenkinoarekore.com

 

この研究者は、2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が発生する可能性が高いという説も提唱しています ☟ 

www.tenkinoarekore.com

 

8.京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています。 

www.tenkinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

9.異様な睡魔&奇妙な耳鳴りも!東日本大震災の半年前もこんな感じだった!

『michelle(キャンディ)』さんによりますと、体感反応は抜けているものの、異様な睡魔が襲っているようです。東日本大震災の半年前もこんな感じだった&奇妙な耳鳴りもしているとのことで、要注意です!! 

www.tenkinoarekore.com

 

またブログも更新しており、関東地方を気にしているようですね☟

ameblo.jp

 

 

10.東京湾・相模湾に異変!?クジラと見られる死骸は羽田空港の東約3,300mの海上に漂流!

東京海上保安部から巡視艇が出動して調べた結果、羽田空港の東約3300mの海上で、クジラとみられるものが漂流しているのを確認したとの事です。同保安部によりますと、腹部が海面に出ていて、頭部と尾びれが沈んでいる状態で、死んでいるとみられています。  

www.tenkinoarekore.com

 

先月は鎌倉市・横須賀市でもクジラの打ち上げがありました☟ 

www.tenkinoarekore.com

  

クジラと地震は関係ないという専門家もいますが、相模トラフ・南海トラフあたりも要注意ですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

11.『risiru(リシル)』さんのよると2019年7月23日頃に『南房総』でM7.2の地震が起こる!

最近ネット上で多くの予言者の方々が関東が危ないといった話が出ています。中には7月23日頃に『南房総』でM7.2の地震が発生という具体的な日時が出されているものもあります。

www.tenkinoarekore.com

 

12.史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏の最新予言では日本ではM7.0の地震・台風・熱波が襲う!?

 史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏によりますと、最新の予言で7月に日本ではM7.0の地震が襲い、多くの犠牲を出すとしています。この他にも台風・熱波についても言及しています!! 

www.tenkinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

 

13.国内危険度は7月7~9日がL6(要警戒)・7月10~11日がL5(警戒)!!

 『磁気嵐ロジック』を元に地震予知を試みている『BOPPO』さんによりますと、国内危険度は7月7~9日がL6(要警戒)・7月10~11日がL5(警戒)としています☟        

www.tenkinoarekore.com

 

14.N値が上がる場合は阪神淡路大震災前の前兆!関西を中心に要警戒!

『Dandy』さんによりますと、柿岡地磁気/地電流が反応しており、太陽風が地球に到来しているようです。このままN値が上がる場合は阪神淡路大震災前の前兆としており、関西を中心に要警戒ですね! 

www.tenkinoarekore.com

   

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

15.Love Me Do氏が7月2~4日・7月7~13日・7月20~22日に巨大地震・噴火などを予言!

当たると評判の占い師Love Me Do氏によりますと、7月2~4日・7月7~13日・7月20~22日に巨大地震・噴火などに要警戒としています! 

www.tenkinoarekore.com

   

16.いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

         

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

17.まとめ

7月8日に東京都は、隅田川の水神大橋と永代橋の区間を中心に、コノシロやコイなど約3,000匹の大量死を確認したと発表しました。原因は水中の酸素不足ではないかと見られていますが、肝心の酸素不足になった理由はまだ分かっていません。過去には関東大震災の2週間前に隅田川で魚の大量死があったとされており、ネットでは地震の前兆という話もあるみたいですね。これに関しては何とも言えませんが、備えだけはしておいても良いかもしれませんね!!

  

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓