天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【台風の卵】日本の南東にある熱帯低気圧(台風16号の卵・98W)が台風16号『ペイパー』になって、週明けにも再び関東地方に接近!?台風15号の再来か!南東には台風17号の卵(97W)も存在!

日本の南東には台風16号・17号の卵が出来ています。そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~    

【地震雲】9月14日~15日にかけて『地震雲』の投稿が相次ぐ!町田市など東京では天を二分するような雲も!過去には似たような雲が『日向灘』の地震の前に目撃情報が続出!

www.tenkinoarekore.com

 

【台風の卵】日本の南東にある熱帯低気圧(台風16号の卵・98W)が16日にも関東地方へ!台風15号の再来か!南東には台風17号の卵(TD17W)も存在!22日にも台風の卵が東海~関東地方を直撃か!? 

www.tenkinoarekore.com

   

f:id:sho11070714:20190914074507p:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

       

   目次

 

 

1.南西の熱帯低気圧は台風16号にはならず!!

気象庁によりますと、連日日本の南西にある熱帯低気圧が24時間以内に台風16号となる見込みになっていましたが、最新の予報では台風16号とはならない予想ですね!

f:id:sho11070714:20190914071211p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

       

2.南東には台風16号・17号の卵も!

まずは気象衛星画像を見てみましょう!

14日07時現在の気象衛星画像がこちら☟

f:id:sho11070714:20190914071506p:plain

引用:気象庁 | 気象衛星

 

南西の熱帯低気圧は台風16号にはならない見通しですが、この他にも南東にまとまった雲の塊が2つ存在しています!台風16号・台風17号の卵といったところでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

        

3.14日03時現在では日本の南東に熱帯低気圧が!

続いて天気図でも確認してみましょう!

14日03時の実況天気図がこちらです☟

f:id:sho11070714:20190914071910p:plain

引用:気象庁 | 天気図

 

日本の南東には熱帯低気圧があることが確認出来ますね!

14日21時の予想天気図がこちらです☟

f:id:sho11070714:20190914072032p:plain

引用:気象庁 | 天気図

 

南東の熱帯低気圧が2つになりましたね。かなり関東地方に接近する熱帯低気圧が記載されています!

15日21時の予想天気図がこちらです☟

f:id:sho11070714:20190914072313p:plain

引用:気象庁 | 天気図

 

この時点でも熱帯低気圧の記載となっており、台風とはならないのでしょうかね?

 

4.米軍の台風情報には95W・97W・98Wの記載が!

続いて米軍の台風情報を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20190914072542p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

日本の南西には赤い〇で囲まれた95W・南東にはオレンジ〇で囲まれた97W・黄色い〇で囲まれた98Wがあることが分かりますね。色によって発達傾向が分かるのですが、日本の気象庁とは異なるような見解となっています!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

     

5.日本の南の海面水温は27℃以上!!

台風の発達に欠かせないのが海面水温です。一般的には台風の発達には27℃以上が必要とされていますが、現在の日本の南の海面水温はどのくらいなのでしょうか?

気象庁の日別海面水温を見てみると、、、 

f:id:sho11070714:20190913184202p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本付近でも27℃以上となっており、熱帯低気圧が台風となる条件は満たしています!

 

6.台風となる条件は?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。  

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

7.台風16号の卵は来週の初めにも再び関東地方に接近!?

最後のヨーロッパ中期予報センターの予想を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20190914073211g:plain

引用:https://www.ecmwf.int

 

この予想を見る限りでは、南東の台風17号の卵は関東地方へ進みそうです!台風17号になるかは定かではありませんがw

 

8.南東の台風16号の卵が再び関東地方に接近!?

あくまでも参考で考えて欲しいのですが、NOAA(アメリカ海洋大気庁)が公開しているGFSを使って作成したものを見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20190914073626g:plain

 引用:https://weather.time-j.net/gfs/precip

 

これを見ると、16日00UTC(日本時間16日9時)には、関東地方に再び台風16号の卵が接近するような予想となっていますね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

    

9.台風16号は『ペイパー』で『魚の名前』を意味する!

仮に南東にある熱帯低気圧が台風16号となった場合は、順番から『ペイパー』となります。この名前はマカオが用意した名前で『魚の名前』という意味になります!!ちなみに台風の名前は『台風委員会』などが提案名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

www.jma.go.jp

 

10.台風がいつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!! 

近年地球温暖化の影響か、日本各地で勢力の強い台風が上陸・接近する事が増えています。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

11.まとめ

連日日本の南西にある熱帯低気圧が24時間以内に台風16号となる予想となっていましたが、最新の予報では台風16号とはならない予想ですね!南東にはまとまった雲の塊が2つ出来ており、台風16号・17号となるのでしょうか?台風16号の卵は週明けにも関東地方に接近する予想となっており、これは目が離せませんね!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓