天気のあれこれ♪

普段何気なく見ている雲や雨などから珍しい現象・地震予知など幅広くあれこれ書いていきます~眉唾な話が嫌いな人はスルーして下さい!!

【台風の卵】日本の南西には台風17号の卵である熱帯低気圧(95W・99W)が存在!その内1つが台風17号『ターファー』になって22日にも九州地方へ上陸後に本州を縦断!?気象庁・米軍(JTWC)・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想は?

16日21時に台風16号は熱帯低気圧に変わりましたが、この他にも日本への影響を与えるような台風の卵はあるのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~    

 【地震雲】9月17日~18日にかけて日本各地で『地震雲』の投稿が相次ぐ!ジュセリーノ・Love Me Do氏など著名な預言者も9月中に巨大地震を予言!

www.tenkinoarekore.com

 

【台風の卵】気象庁の予想では24時間以内に南西の熱帯低気圧が台風17号『ターファー』になる見込み!22日にも九州地方へ上陸後に本州を縦断!? 

www.tenkinoarekore.com

 

f:id:sho11070714:20190918063824p:plain


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

       

   目次

 

 

1.16日21時に小笠原近海で熱帯低気圧に!

気象庁によりますと、16日21時に小笠原近海で熱帯低気圧に変わりました。発生が15日21時でしたので、丸1日しかもたなかったということになりますね!

f:id:sho11070714:20190917083623p:plain

引用:気象庁 | 台風情報

        

2.日本列島の南西にはまとまった雲の塊が2つ存在!

台風16号は熱帯低気圧に変わりましたが、日本列島周辺には台風となりそうな台風の卵はあるのでしょうか?

まずは気象衛星画像から見てみましょう!

18日05時30分現在の気象衛星画像がこちらです☟

f:id:sho11070714:20190918054838p:plain

引用:気象庁 | 気象衛星

 

日本の南西にはまとまった雲の塊が2つ存在していることが分かりますね!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

3.南西の低気圧が18日21時には熱帯低気圧に!

続いて天気図を見てみましょう!

18日03時の実況天気図がこちらです☟

f:id:sho11070714:20190918055123p:plain

引用:気象庁 | 天気図

 

日本の南西には赤字で書かれたTDのマークが記されており、熱帯低気圧が2つあることが分かりますね!この熱帯低気圧が台風17号となるのでしょうか? 

 

4.米軍の台風情報では95W・99Wの記載が!

続いて米軍の台風情報を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20190918055435p:plain

引用:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

 

米軍の台風情報を見ると、熱帯低気圧になった台風16号のほかに、南西に黄色い〇で囲まれた99W・オレンジの○で囲まれた95Wが存在しています。色から考えると、台風に変わるにはもう少し時間がかかりそうですね!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

5.台風となる条件は?

熱帯低気圧ってどうなったら台風になるのでしょうか?気象庁の定義では、台風とは以下のようなものを指します☟

f:id:sho11070714:20180718082645p:plain

引用:気象庁|台風とは

  

最大風速が17m/s以上になったら、台風の扱いになるようですね。  

 

6.日本の南の海面水温は27℃以上!!

台風の発達に欠かせないのが海面水温です。一般的には台風の発達には27℃以上が必要とされていますが、現在の日本の南の海面水温はどのくらいなのでしょうか?

気象庁の日別海面水温を見てみると、、、 

f:id:sho11070714:20190918055841p:plain

引用:気象庁 | 海面水温に関する診断表、データ 日別海面水温

 

日本付近でも27℃以上となっており、熱帯低気圧が台風になる条件は満たしています!

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

        

7.台風17号の卵は九州の西まで北上し、朝鮮半島を経て日本海へ!

ヨーロッパ中期予報センターの予想を見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20190918061514g:plain

引用:https://www.ecmwf.int

 

この予想を見る限りでは、台風17号の卵は九州の西に北上し、朝鮮半島を経て日本海へに抜ける予想となっています!

 

8.22日には台風17号の卵が九州地方に上陸後に本州を縦断か!?

あくまでも参考で考えて欲しいのですが、NOAA(アメリカ海洋大気庁)が公開しているGFSを使って作成したものを見てみましょう☟

f:id:sho11070714:20190918062523g:plain

 引用:https://weather.time-j.net/gfs/precip

 

これを見ると、ヨーロッパ中期予報センターの予想よりは東側のコースを通る予想となっており、22日には九州地方に上陸後に本州を縦断しそうな予想となっていますね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

9.台風17号は『ターファー』で『なまず』を意味する!

仮に台風17号が発生した場合、順番から『ターファー』となります。この名前はマレーシアが用意した名前で『なまず』という意味になります!!ちなみに台風の名前は『台風委員会』などが提案名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

www.jma.go.jp

 

10.台風がいつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!! 

近年地球温暖化の影響か、日本各地で勢力の強い台風が上陸・接近する事が増えています。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!ちなみに我が家が昨年注文した際には、4か月待ちました!!

    

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

   

11.まとめ

台風16号は16日21時に熱帯低気圧に変わりましたが、日本の南西には台風17号の卵が2つ存在しています。今のところ吸収地方へ上陸後に本州を縦断する可能性も出てきており、これは目が離せませんね!

 

おすすめの防災グッズがこちら☟ 

 

おすすめのインフルエンザ・ノロウイルス対策はこちら☟    

 

寒さ対策はこちら☟      

 

     

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓